MENU

業務スーパーにある『さば味噌煮(ニッスイ)』はごはんの相棒に間違いなし! まろやかな甘旨ですすむやつ

業務スーパーにある『さば味噌煮(ニッスイ)』はごはんの相棒に間違いなし! まろやかな甘旨ですすむやつ

業務スーパーで販売されている『さば味噌煮』をご存じでしょうか。

さば半身を使った冷凍魚介惣菜です。ノルウェー原産のさばを味噌だれで煮込んだ定番レシピ。まろやかな甘みと生姜の爽やかさで仕上げた、安心感のあるおいしさの一品ですよ。

目次

価格・内容量は?

『さば味噌煮』は業務スーパーでは213円(税込、税抜198円)で販売中。内容量は170g。原産国(加工地)は中国、さばの原料原産地はノルウェー。輸入・販売は安定のブランド、ニッスイです。

コスパはどう?

コスパ(単価)は100gあたり約125円。さば味噌煮は一般スーパーだと140円/100g程度から買えるので、際立って安いというほどではありません。

業スーPBでは『さばの味噌煮 2切』(約225g・300円・約133円/100g)という冷蔵品もラインナップされており、そちらと比べてもコスパは大して変わらないポジションになります。

調理方法は?

沸騰したお湯に入れて約10分温めるのが一番ラクですね。凍ったままの本品を袋ごと流水解凍したあと(5分ほど)、お皿に移してラップをかけて電子レンジ(500W)で3~4分を目安に加熱してもOKです。

風味にクセは? 脂のりは?

ふっくらとした厚みのあるさば半身です。肉厚で身のほぐれも良く、皮目はとろけるような口当たり。引き締まった感じは弱く、ほどほどな脂のり。骨が除去されていて食べやすく、万人受けするタイプですね。

味噌だれはしっかり甘め。とろみが強くてドロっとしている、王道の濃厚テイストです。膨らみがあるまったりした風味で、後味にはピリッとくる生姜の爽やかさをプラスしています。

そのままでもさば大根にしても美味

全体的にクオリティは申し分なし。そのままおかずにするのが基本の使い方です。コンビニのさば味噌より少し大きめのサイズ感で、成人男性のご飯一杯分にぴったりか、ちょっと余るぐらいの食べごたえがあります。

少し余った場合は、大根と一緒に追加で軽く煮て、さば大根にするとおいしく仕上がります。さっと用意できる簡単おかずとして2~3個ストックしておきたくなる、定番系の一品ですよ。

カロリーは?

カロリーも確認しておきましょう。

『さば味噌煮』は100gあたり437kcal(脂質 32.1g、炭水化物 9.0g)。1食(液込み170g)あたりは約743kcal。煮汁が多めかつ濃い味のせいか、結構ヘビーです。

ごはん1杯(200g=約290kcal)と合わせた場合は約1033kcal。気になる場合は味噌だれを切ってしまうか、2食に分けて使うのが無難ですね。

商品の評価と詳細情報

さば味噌煮
総合評価
( 4.5 )
内容量170g
カロリー100gあたり437kcal(たんぱく質 27.7g、脂質 32.1g、炭水化物 9.0g、食塩相当量 3.4g)
原産国中国
輸入者ニッスイ
原材料さば(ノルウェー)、みそ、砂糖、はっ酵調味料、清酒、おろししょうが、食塩、還元水あめ/増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、酸化防止剤(V.C、チャ抽出物)、(一部にさば・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次