コストコの洗剤『オレンジクリーン』のおすすめ度は? 気になるサイズや使い方をチェック!

コストコには、大入りサイズの海外製洗剤がいろいろと販売されていますが、その中のひとつ、『オレンジクリーン』をご存知でしょうか?

本品は、天然オレンジオイルを配合した多目的クリーナーでして、特に油汚れに対しては抜群の威力を発揮してくれます。今回、実際に換気扇の掃除を行ってみましたので、その効果のほどをご覧に入れましょう!

チャーチ&ドワイト|オレンジクリーン|1,078円

こちらがコストコで販売されている『オレンジクリーン』。946mlというビッグサイズが2本セットで、お値段は1,078円(税込)です。

本品は、キッチン、換気扇、浴槽をはじめとした硬い表面のものに使える住宅用合成洗剤。オレンジオイル(リモネン)のパワーで、しつこい油汚れも落とすことが可能です。ただ、オレンジの香りが結構強いので、気になる人はよく換気しましょう。

スペック

  • 成分 水、界面活性剤(2.65%直鎖アルキルベンゼン系)、オレンジオイル
  • 液性 弱酸性
  • 正味量 946ml×2本
  • 原産国 アメリカ
  • 標準使用量 1平方mあたり3回噴射
  • 用途 キッチン、換気扇、流し台、ステンレス、コンロ、オーブンの外側、レンジ、冷蔵庫、非木製キャビネット、壁(ビニールクロス)、セラミックタイル、網戸、たばこのヤニ、浴室等の汚れ落とし、硬い表面上へのお子様の落書き(クレヨン)等
  • 使えないもの 畳、革、一部の柔らかいプラスチック表面および塗装部分、電子レンジの数字パネル等
  • 使用状の注意 滑りやすくなるため床・フローリングの使用は避け、用途以外に使用しないでください

換気扇にこびりついた油とホコリを取る!

ついつい掃除が後回しになってしまう換気扇まわり。料理で揮発した油がフィルターに付着し、そこにホコリがこびりついてしまっています。これを『オレンジクリーン』で落としてみましょう。使い方は至って簡単、以下の3手順でOKです。

  • 『オレンジクリーン』を汚れに直接噴霧する
  • 数分、そのまま放置する
  • 柔らかい布で拭き取る

というわけで、まずは油とホコリで汚れたフィルターに『オレンジクリーン』を直接噴霧。

しばらく待ってから、柔らかい布で拭いていくと……。

このように、すっかりキレイになりました! 効果は抜群ですね~。

整流板も全体的に油で汚れていたので、同様にまずは『オレンジクリーン』を噴霧します。

布で拭き終わった右半分をご覧ください。壁タイルが映り込むほどにピカピカになっているのが分かりますでしょうか。

【オマケ】窓拭きにも使える!

『オレンジクリーン』は油汚れ以外にも使える、多目的クリーナー。硬い表面を持つものをピカピカに磨き上げることが可能です。今回は、窓拭きにも使用してみました。

使い方はまったく同じで、『オレンジクリーン』を吹きつけたあとに柔らかい布でサッと拭くだけ。雨で跳ねて付着していた泥も落ちて、ピカピカのツヤツヤになりますよ!

*    *    *

と、このように便利な『オレンジクリーン』ですが、非常に滑りやすいので、床や階段などに使用すると危険です。くれぐれも気をつけてくださいね。