コストコ『bibigo 参鶏湯(サムゲタン)』のおすすめ度は? 気になる量や味をチェック

コストコで販売されているレトルト食品『bibigo 参鶏湯(サムゲタン)』はご存知でしょうか。

鶏1羽をまるごと使った韓国伝統の煮込み料理が、お手軽なレトルトパックで楽しめます。朝鮮人参やにんにくのエキスをたっぷり含んだもち米のおかゆは滋味あふれまくり! 体が温まりますよ~。

CJ|bibigo 参鶏湯|980円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコの一般食品コーナーで販売されている『bibigo 参鶏湯』。韓国のメーカー・CJによるレトルト食品で、800g入ってお値段は980円です。

「参鶏湯」は、滋養強壮の効果があるとされる韓国の伝統料理。鶏1羽をまるごと使って、そのお腹に高麗人参やにんにく、なつめ、もち米などを詰めて煮込んだものです。

ご家庭で作るとなると大変ですが、本品はレトルトなので、温めるだけですぐに食べられます。鍋にお湯を沸かして袋ごと湯煎するか、中身を耐熱容器に移し入れ、ラップをして電子レンジで加熱しましょう。

たっぷりのスープのなかに、鶏が丸ごと沈んでいるのが見えますでしょうか。そして高麗人参も入っています。韓国料理といえば赤いイメージがありますが、本品は唐辛子は入っておらず、辛みはまったくありません。1パックで800gありますので、2~3人前といったところでしょうか。

滋味あふれる優しい味で、食べると体が内側から温まる

鶏肉をほぐして、中にあるもち米と一緒に取り分けます。その際に、骨を外していくのが若干めんどうですが、これは仕方のないところ。よく煮込まれているので、肉と骨は簡単に分離してくれますよ。また、にんにくのかたまりも入っていましたが、とろっとろ状態になっていて、くさみはありませんでした。

見た目は、もち米のおかゆといったところです。その味は、淡白でまろやか。コクがあってじんわりとうまみが広がってきます。「滋味あふれる優しい味」といったところでしょうか。柔らかく煮込まれた鶏肉は、口の中でホロホロと崩れ、スープをたっぷり吸ったもち米と混ざりあって一体化します。強い味はしないのですが、その分、しみじみとしたおいしさを感じますね~。

こちらが朝鮮人参。かじってみると、けっこう苦い! 食べるのは諦めましたが、そのエキスはスープの中にしっかりと出ているはず。

*    *    *

この『bibigo 参鶏湯』は、後味もさっぱりとしていて、変な風味が残ったりしません。純粋においしいので、けっこうおすすめです! そして、しばらくすると体が内側から火照ってくる…。「滋養食」といわれる料理ですが、レトルトでもその効果は健在のようですね~。というわけで、スタミナをつけたいときなんかにいただくと良さそうです。

商品情報

  • 品番|0010417
  • 内容量|800g
  • カロリー|100gあたり93kcal(炭水化物 4.2g)、総計744kcal
  • 原産国|韓国
  • 輸入者|シージェイジャパン
  • 原材料|サムゲタンスープ(鶏がらスープ、もち米、チキンエキス、その他)、鶏肉、もち米、高麗人参、にんにく、なつめ/調味料(核酸等)、増粘剤(キサンタンガム)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。