業務スーパーの500g『ひとくちフィッシュフライ』のおすすめ度は? 気になる味や食感をチェック

業務スーパーの冷凍食品で『ひとくちフィッシュフライ』という商品はご存知でしょうか。

スケソウダラの身をカリカリ系の衣で包み、ミニサイズの白身魚フライに仕上げた一品です。コロンとかわいいひとくちサイズが一番の特徴で、お弁当にはぴったりのビジュアルですね。逆に言うとそれ以外の使い所が難しく、味付け前提の食感系おつまみとして活用できなくはない、といったポジション。基本は個性派お弁当おかずをお探しの方におすすめです。

業務スーパー|ひとくちフィッシュフライ|429円

おすすめ度 ★★★☆☆

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、429円(税込)で販売中。内容量は500gで、ミートボールぐらいの大きさの白身魚フライが26個入っていました。よく一緒に陳列されている『フィッシュフライ』(500g・462円)は、スケソウダラを大きめの切り身でフライにした姉妹品。同容量なのでコスパ的には本品のほうが優秀ですね。調理方法は170℃の油で本品5個あたりを約4分揚げればOK。

元気にカリッとした歯ごたえがある衣の中から、ふわっと優しい口当たりのスケソウダラがお目見え。ふっくら柔らかな身が詰まって、食感は合格点ですね。ただし、ペッパーが浮いたようなビジュアルに反して、味はかなりのさっぱり系。最低限の塩胡椒を感じる程度で、ソースやケチャップなどの味付けを足すのが前提になります。『フィッシュフライ』はおかずにもフィッシュバーガーにも活用できるサイズでしたが、本品はお弁当以外にはあまり使い勝手がよくない印象。コスパとビジュアルを重視する方は試してみてもいいかと思います。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ひとくちサイズのスケソウダラを衣に包んだミニ白身魚フライ
  • 白身魚のふんわり感はもちろん、クリスピーな衣が気持ち良い良食感
  • 味もサイズもおかず的には中途半端だけど、お子様用やお弁当要員にはアリ
  • おかず用途に買うなら『フィッシュフライ』、コスパと見た目のかわいさを重視するなら本品がおすすめ

商品情報

  • 内容量|500g
  • カロリー|100gあたり244kcal(合計1220kcal)
  • 原産国|中国
  • 輸入者|神戸物産
  • 原材料|スケソウダラ、衣(小麦粉、でん粉、パン粉、食塩、米粉、香辛料、大豆たん白、ぶどう糖)、揚げ油(大豆油)/加工デンプン、調味料(アミノ酸)、膨張剤、着色料(カロチノイド、ウコン)、(一部に小麦・大豆を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。