コストコの50貫寿司『特選ファミリー盛』の新ネタやコスパをチェックしてみた

コストコの『特選ファミリー盛50貫』のネタが、早くも一部リニューアルされています。

新ネタは「エンガワ」と「つきじ入船 玉子焼き」。もちろん「生本まぐろ」「サーモン」「いくら醤油漬け」といった定番は健在です。相変わらず満足度が高く、コスパも優秀! パーティなどでお役立ちのごちそう惣菜ですよ。

コストコ|特選ファミリー盛50貫|4,980円

こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている『特選ファミリー盛 50貫(PREMIUM SUSHI COMBO 50CT)』(品番:94265)。お値段は4,980円(税込)です。1貫あたり約100円。ちなみに、全体の重量を編集部で独自に計測してみたところ、1,750gありました(1貫あたり35gほど)。

今回のネタは以下のとおり。「カレイのえんがわ」「つきじ入船 玉子焼き」が今回の新ネタとなります。

  • 生本まぐろ(鹿児島県産・他)……10貫
  • 生真鯛(愛媛県産・他)……5貫
  • 生アトランティックサーモン(ノルウェー産)……5貫
  • 天然赤海老(アルゼンチン産)……5貫
  • ほたて貝柱(北海道産)……5貫
  • カレイのえんがわ(ロシア産・他)……5貫
  • 炙り金目鯛(クック諸島産)……5貫
  • いくら醤油漬け……5貫
  • つきじ入船 玉子焼き……5貫

2種類の新ネタはこんな味

新ネタは、写真右下の「カレイのえんがわ」と、右上の「つきじ入船 玉子焼き」。「カレイのえんがわ」はコリッとした食感があり、噛むごとに脂があふれ出て、とってもジューシー!

「玉子焼き」は、どちらかというと伊達巻(卵、魚のすり身、砂糖)ですね。まるでカステラのような食べごたえで、しっかり甘く、締めの一品にちょうどいい感じ。中央手前の「炙り金目鯛」は、前回から加わったネタで、皮のこうばしさと、身のコクのある味がナイスです。

そして、レギュラーメニューの面々も、安定のクオリティ! 「いくら醤油漬け」の濃厚なエキスに海苔の香りが加わり、酢飯との相性も良好。「赤海老」のねっとりとしつつ弾力のある歯ごたえがいいですね。

さらに、「生本まぐろ」は、赤身もトロも極上の味わい! 「サーモン」のとろりとした舌触りや「真鯛」の上品なうまみ、そして「ほたて貝柱」の食感や甘みも、相変わらずたまりません。

カロリーは?

今回の『特選ファミリー盛50貫』のカロリーは、100gあたり276kcal(脂質 4g、炭水化物 48g)。つまり全体(1,750gの場合)では、4,830kcalという計算になります。また、1貫あたりの平均は約97kcal。1人あたり8貫いただくとすると、摂取カロリーは約773kcalといったところですね。お召し上がりの際の目安にしてください。

*    *    *

最近はちょこちょこネタが変更される『特選ファミリー盛50貫』ですが、満足度もコスパも引き続き良好です。パーティ用のごちそうとして間違いのないチョイスですよ。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|94265 ■内容量|1,750g(参考) ■カロリー|100gあたり276kcal(脂質 4g、炭水化物 48g) ■製造者|コストコホールセールジャパン ■消費期限|加工日当日 ■保存方法|要冷蔵4℃以下 ■原材料|酢飯(国産米使用)、厚焼き玉子(卵、砂糖、魚肉すり身、でん粉、その他)、本まぐろ、真鯛、サーモン、ほたて貝柱、えび、炙り金目鯛、カレイのえんがわ、いくら醤油漬け、わさび加工品、海苔/香辛料抽出物、乳化剤、酸味料、増粘多糖類、着色料(紅花黄、クチナシ)、(一部に小麦・卵・えび・いくら・さけ・大豆を含む)