業務スーパーにある『鶏炭火焼』は歯ごたえも旨みもビジュアルも濃厚な焼き鳥おつまみ

業務スーパーで販売されている『国産種鶏使用 宮崎名物 鶏炭火焼』をご存じでしょうか。

冷凍の焼き鳥です。旨みと弾力の強い種鶏を炭火で燻すように焼いたもの。炭の色が移ったビジュアルは個性的ですけど、おつまみレベル高めで万人受けするタイプのおいしさですね。以前紹介してから時間が経ったので、あらためてお味をチェックしてみました。

日向屋|国産種鶏使用 宮崎名物 鶏炭火焼|631円

業務スーパーでは631円(税込、税抜585円)で販売中。内容量は300g、カロリーは100gあたり211kcal(脂質 10.5g、食塩相当量 1.5g)。製造・販売は日向屋。

以前紹介した際の商品と比較して、価格にもボリュームにも変化はありません。コスパ(単価)は100gあたり約210円。『焼きとり もも串』(1.1kg・1,274円・約116円/100g)など、業スーPBの焼き鳥類よりもコスパは落ちるポジションになります。

加熱調理済みの商品なので、流水に当てて解凍するか冷蔵庫に置いて自然解凍するだけで、そのまま食べられます。解凍後に沸騰したお湯に袋ごと入れて約3分温めるか、耐熱容器に移してラップをしてレンジ(500W)で2分ほどチンしてもOKです。

鶏炭火焼きは宮崎県のご当地グルメ。黒い見た目は焦げているわけではなく、強めの炭火で焼き上げる際、煙が上がって燻すような形になり、炭の色が移るのだそうです。以前よりも黒の色合いは薄くなりましたが、それでも個性的なビジュアルですね。

詳しい原産地は未記載ながら、国産の種鶏(肉用鶏よりも飼育期間が長い鶏)を使用した商品。普通の焼き鳥よりも身が締まっており、コリコリした弾力感があります。若干パサパサするものの硬いわけではなく、程よい歯ごたえと柔らかくほぐれる繊維感です。

種鶏の旨みはひとくちサイズに凝縮されたような濃厚さ。塩こしょうとにんにくのシンプルな味付けで、素材の味と炭火の香ばしさを引き立たせたバランスです。調味料を足す必要なく、そのままで優秀なビールおつまみになってくれます。

どちらかといえばおつまみ適性のほうが高いですけど、ご飯との相性も問題ないので、丼飯にアレンジしてもOKです。以前と変わらず、他の焼き鳥とは食感も香りの良さもひと味違うクオリティ。ご褒美感高めの酒のアテが欲しいときにおすすめですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 国産種鶏を炭火で焼いた、ひとくちサイズの冷凍焼き鳥
  • コリコリした弾力と濃厚な旨みがあり、見た目よりも万人受けするおいしさ
  • 素直な塩味と香ばしい風味がバランス良く、以前と変わらずおつまみレベル高め
  • 焼き鳥系でコスパよりもクオリティを重視するなら鉄板の選択肢

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|300g ■カロリー|100gあたり211kcal(たんぱく質 29.1g、脂質 10.5g、炭水化物 0.1g、食塩相当量 1.5g) ■製造者|日向屋 ■原材料|鶏肉(国産)、塩こしょう(小麦・乳成分・大豆を含む)、ソテーオニオン、おろしにんにく/調味料(アミノ酸)