コストコの『海南鶏飯(シンガポールチキンライスの具)』は炊飯器で簡単に作れる肉入りセット

コストコで販売されている伊藤ハム『海南鶏飯(シンガポールチキンライスの具)』はご存じでしょうか。

ご自宅にて炊飯器調理で完成させるレトルト具材。鶏出汁で炊いたご飯に蒸し鶏をのせ、甘辛ソースでいただく東南アジアの定番料理です。お手軽ながら、なかなか本格的な味わいを楽しめますよ。

伊藤ハム|海南鶏飯(シンガポールチキンライスの具)|998円

こちらがコストコのチルド食品コーナーで販売されている伊藤ハム『海南鶏飯(シンガポールチキンライスの具)』(品番:45636)。パックされた蒸し鶏(220g)とソース(20g)が3セット入って(合計720g)、お値段は998円(税込)です。1セットあたりのコスパ(単価)は約333円。

海南鶏飯(ハイナンジーハン、かいなんけいはん)は、シンガポールチキンライスとも呼ばれる東南アジア料理。鶏出汁で炊いたご飯に鶏肉をのせ、甘辛ソースをかけたものです。本品は、そんな海南鶏飯をご家庭で手軽に作れるという具材セット。製造は伊藤ハムデイリーです。

調理方法は?

1セットで2合分となります。炊飯器に米2合と水(若干少なめ)を入れ、蒸し鶏と調味液を加えて、ふつうに炊飯するだけ。

ややしっとりめに炊き上がりました。蒸し鶏を取り出して食べやすい大きさにカットし、チキンライスに盛り付けましょう。ちなみにこの蒸し鶏、かなりホロホロなので、気をつけないとすぐにバラバラになります。

真ん中にチキンライスを盛り付け、蒸し鶏を添えました。今回はそのほかに、きゅうりやミニトマト、かいわれ、パクチー、レモンなども用意しています。

どんな味?

添付のソースをかけていただきましょう。ホロホロの鶏肉と風味のよいチキンライスに、甘酸っぱいソースがナイスアクセント! 全体的にしょうがが効いていて、後味がスーッとさわやかです。

チキンライスはしっとりしつつも粒感のある舌触り。鶏出汁のうまみがじんわりと染みこんでおり、しょっぱすぎることなく、とても食べやすいですね。鶏肉はとにかくホロホロ! しょうが醤油的な味つけが、鶏のうまみを引き立てています。

添付ソースはトマトベースで、甘酸っぱくちょっと辛い味わい。やさしい味の鶏肉やライスにメリハリを与える意味で、このソースは重要ですよ~。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『海南鶏飯(シンガポールチキンライスの具)』は、100gあたり119kcal(たんぱく質 13.9g、脂質 4.8g、炭水化物 5.0g、食塩相当量 2.6g)。つまり1セット(240g)では286kcalですね。

調理しますと、米2合(300g、1,026kcal)が加わって1,312kcalとなります。これを家族4人でシェアするなら、1人あたり328kcalですね。お召し上がりの際の参考にしてください。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|45636 ■内容量|720g(蒸し鶏220g×3袋、添付ソース20g×3袋) ■カロリー|100gあたり119kcal(たんぱく質 13.9g、脂質 4.8g、炭水化物 5.0g、食塩相当量 2.6g) ■製造者|伊藤ハムデイリー ■保存方法|10℃以下で保存 ■原材料|【蒸し鶏】鶏もも肉(輸入または国産(5%使用))、しょうゆ、しょうがペースト、砂糖、食塩、りんご酢、植物油脂、ぶどう糖、チキンエキス調味料、植物性たん白、でん粉、香辛料/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・りんごを含む) 【添付ソース】砂糖、醸造酢、トマトペースト、コチ醤、ぶどう糖果糖液糖、しょうゆ、食塩、にんにく、魚醤(魚介類)、しょうがペースト、香辛料/酒精、調味料(有機酸等)、増粘剤(加工でん粉)、香辛料抽出物、カラメル色素、(一部に小麦・大豆・魚醤(魚介類)を含む)