コストコ製バゲット『3ビーンズ&7ファイバー』はどうなの? 風味・食感・食べ方をチェックしてみた

コストコで販売されている『バゲット 3ビーンズ&7ファイバー』はご存じでしょうか。

3種類の豆(ひよこ豆、赤レンズ豆、緑レンズ豆)が入ったバゲットと、7種類の食物繊維(デキストリン、オーツ麦フレーク、イヌリン、オーツ麦ブラン、小麦ブラン、ローカストビーンガム、ペクチン)が入ったバゲットのセット。どちらも味にクセはなく、食べやすいですよ。パンサラダにして、野菜と一緒にいただくのがおすすめ!

コストコ|バゲット 3ビーンズ&7ファイバー|480円

こちらがコストコのベーカリーコーナーで販売されている『バゲット 3ビーンズ&7ファイバー(BAGUETTE 3BEANS&7FIBER』(品番:93499)。全長40cm弱のバゲットが2本セットで、お値段は480円(税込)です。1本あたりのコスパは240円。編集部で独自に計量してみたところ、『バゲット3ビーンズ』は258g、『バゲット7ファイバー』は254gありました。

『バゲット3ビーンズ』はどんな味?

こちらが『バゲット3ビーンズ』。原材料をチェックしてみますと、小麦粉とデュラム小麦のセモリナのほかに、ひよこ豆粉、赤レンズ豆、緑レンズ豆粉が入っている模様。断面に見えるのは赤レンズ豆ですかね(それ以外は粉になっている)。

生地はみっしりと詰まっていますが、食感はやわらか。やや粉っぽいような舌触りがありますね。レンズ豆の粒感はほぼ気になりません。クセのない素朴な味わいで食べやすいですよ。

『バゲット7ファイバー』はどんな味?

こちらが『バゲット7ファイバー』。売り場のPOPによると、食物繊維が豊富な7つ食材として、デキストリン、オーツ麦フレーク、イヌリン、オーツ麦ブラン、小麦ブラン、ローカストビーンガム、ペクチンが入っているんだとか。ちなみに、イヌリンはゴボウや玉ねぎに含まれている食物繊維、ローカストビーンガムはカロブ樹という植物の種子から得られる多糖類、ペクチンは柑橘類やりんごに含まれる多糖類です。

こちらも内層は詰まっていて、食べごたえがあります。柔らかな酸味のある、さわやかな味わい。こちらも素朴な感じにまとまっていて、普通に食べやすいですよ。

どちらも、トーストするとカリッとした歯ごたえになります。『バゲット3ビーンズ』はこうばしい風味が出てきますし、『バゲット7ファイバー』は噛むごとに甘みが広がってくるような印象です。

ジャムを塗ったり、チーズをのせていただくのもよいでしょう。特に『バゲット7ファイバー』は、ほんのり酸味のある生地が甘いジャムを引き立ててくれます。

ひとくちサイズにカットして、パンサラダに活用するのもよさそう。本品と一緒に、野菜類もたっぷり食べれば、食物繊維をたっぷり摂取できるはず!

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『バゲット 3ビーンズ&7ファイバー』は、100gあたり248kcal(たんぱく質 9g、脂質 0.8g、炭水化物 45.5g、食塩相当量 0.8g)です。購入したものは2本合わせて512gありましたので、全体では1,270kcalという計算になります。お召し上がりの際の参考にしてください。

本品は「食物繊維」を売りにしていますが、コストコの栄養成分表示には食物繊維の項目がないので、どれくらい入っているのか分からず、ちょっと歯がゆいですね…。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|93499 ■内容量|512g(参考) ■カロリー|100gあたり248kcal(たんぱく質 9g、脂質 0.8g、炭水化物 45.5g、食塩相当量 0.8g) ■製造者|コストコホールセールジャパン ■消費期限|加工日の翌日 ■保存方法|直射日光・高温多湿を避けて保存 ■原材料|3ビーンズ(フランス製造)(小麦粉、ひよこ豆粉、赤レンズ豆、デュラム小麦のセモリナ、緑レンズ豆粉、食塩、小麦グルテン、イースト、小麦麦芽粉)、7ファイバー(小麦粉、サワー種、デキストリン、オーツ麦フレーク、イヌリン、食塩、オーツ麦ブラン、小麦ブラン、ローストコーンフラワー、小麦グルテン、イースト、小麦麦芽粉)/増粘多糖類、(一部に小麦・オレンジを含む)