業務スーパーにある『手羽中骨付きフライドチキン』はサッと用意できるし微ペッパー感も悪くない


業務スーパーで販売されている『手羽中骨付きフライドチキン』をご存じでしょうか。

手羽中肉に衣を付けて揚げた冷凍惣菜です。ブラックペッパーが効いたスパイシーな味付けと、レンジで調理できる手軽さが魅力的。お肉の質も及第点で、濃厚系のおつまみが欲しいときに重宝する一品ですよ。

ハイファイフーズ|手羽中骨付きフライドチキン|667円

業務スーパーでは667円(税込、税抜618円)で販売中。内容量は500g、カロリーは100gあたり222kcal(脂質 11.0g、炭水化物 12.4g)。製造は昔亭、販売はハイファイフーズ。

コスパ(単価)は100gあたり約133円。冷凍フライドチキンは本品の他にも『鶏排 台湾風フライドチキン(骨なし)』(450g・429円・約95円/100g)『レッドチリペッパーチキン』(500g・429円・86円/100g)がラインナップされています。本品はちょい高めのポジションになります。

調理済みの冷凍惣菜なので、揚げる必要はありません。レンジ(500W)でラップをかけずに5個あたり約2分チンするか、軽く解凍したあとにオーブントースター(800W)で約4分加熱すればOK。衣がカリッと仕上がるので、余裕があればオーブントースター調理がおすすめ。レンジ解凍したあとにオーブントースターにかけてもいいですね。

衣は手羽中との一体感がある歯ざわり。醤油ベースにブラックペッパーを効かせたシンプルな味付けがされています。刺激感を抑えた、程よくホットなピリ辛テイスト。他の商品よりもおやつ寄りの旨辛感ですけど、親しみやすいおいしさです。

肉質はむっちりとした弾力感がある柔らかさ。肉汁感も申し分なく、やや脂っこい口当たりです。そのぶん旨みもがっつり濃厚。骨付きかつ小さめサイズなので可食部は少ないながら、軟骨のコリコリ感が混じる気持ち良い食感ですね。

自分で揚げ調理するタイプの商品に比べると、衣の食感がしっとり柔らかめ。オーブントースター調理で多少マシになるものの、この点だけはネックです。それでも簡単調理の手軽さを重視するなら悪くない選択肢。お弁当のおかずにラクだし、ビールおつまみにしてもご褒美感がある一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ブラジル原産の鶏手羽中に衣を付けた冷凍フライドチキン
  • しっとりした衣とむっちり柔らかな肉質で、食感は及第点
  • 濃厚な旨みを引き立たせるピリ辛感で、シンプルながら好みを選ばないおいしさ
  • よりクオリティを重視するなら『鶏排 台湾風フライドチキン(骨なし)』(450g・429円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり222kcal(たんぱく質 18.4g、脂質 11.0g、炭水化物 12.4g、食塩相当量 1.4g) ■製造者|昔亭 ■販売者|ハイファイフーズ ■原材料|鶏肉(ブラジル産)、小麦粉、でん粉、揚げ油(大豆油)、しょうゆ、砂糖、食塩、香辛料、植物油脂、ぶどう糖、たん白加水分解物、大豆粉、卵たん白/調味料(アミノ酸等)、糊料(グァーガム)、パプリカ色素、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉を含む)