コストコ『フレッシュソーセージ ジャーマンビストロ』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコのお肉コーナーでソーセージの新商品『フレッシュソーセージ ジャーマンビストロ』が登場しているようですね。

ドイツ伝統のスパイスを練り込んだ国産豚肉を、天然豚腸に詰めた迫力あるソーセージ。この時期、バーベキュー食材としてももってこいのアゲ食材では?

コストコPB『フレッシュソーセージ ジャーマンビストロ』148円/100g

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコPBの生ソーセージ『フレッシュソーセージ ジャーマンビストロ』。1パック8本入りで、余裕の1kgオーバーです。今回購入したものは1.212kgで1,794円(税込)でした。

100gあたり148円(税込)で販売されています。

サイズは? ボリュームは?

スタッフ女子が抱えてこのサイズ感。1本あたりの大きさ、相当なもんです……。

1本あたり150g前後というところ。ハンバーグステーキ1個分くらいのボリューム感でしょうか。

原材料は?

『フレッシュソーセージ ジャーマンビストロ』はケーシングに豚腸を使った生ソーセージ。使われている原材料は以下のとおりです。

  • 豚肉(国産)
  • 豚脂肪(国産)
  • たまねぎ
  • ポークボーンエキス
  • 食塩
  • 豚腸
  • 香辛料
  • 砂糖
  • ぶどう糖
  • 酵母エキス
  • しょうゆ
  • 卵白粉末
  • 酢酸(Na)
  • 加工デンプン
  • リン酸塩(Na)
  • pH調整剤
  • 酵素
  • 原材料の一部に小麦、卵、乳成分、大豆、豚肉を含む

調理方法は?

非加熱の生ソーセージなので、食べるときはしっかりボイルしましょう。沸騰させたお湯に入れたら、弱火で10〜12分で中心まで熱が通る感じですかね(沸騰させたままボイルを続けたら皮が破けちゃいますよ)。お好みのラインを探りながらどうぞ。

ボイルを終えたら完成なんですけど、フライパンで軽く焼き色を付けてあげてもいいでしょう。皮が破けるくらいに焼いて、香ばしさを強めた仕上がりにするほうが好みの人も多いかも(肉汁ちょっと出ちゃうけど)。

味付け十分! バーベーキューにもってこいの食べ応え!!

というわけで仕上がりです。コストコのディナーロール(写真後方)と比較してもやはり大きい……。朝食に添えるサイズ感ではないので、ディナーのメイン的にどうぞ。

ケーシング(豚腸皮)はかなりの弾力感。ドイツの白ソーセージのように皮を取り除いて食べてもいいくらい。

プツっと皮を破ると……肉汁じゅわっ!

お味はわりと塩気が強めのスパイシー仕上げ。調味料を使わずとも十分な下味が付いていて美味しいですね。ケーシングの弾力、豚肉の詰め具合、ジューシー感はかなりのもので、まさに肉のかたまりという感じ。食べ応え十分! パンとでもご飯とでも合う一品です。

1本150gほどあるので、同じ味で食べ続けると飽きるかも? 定番の粒マスタードなどは用意しておくといいですね。

*    *    *

コストコPB食材『フレッシュソーセージ ジャーマンビストロ』はバーベキューにもおすすめ。自宅でボイル処理だけ済ませておいて、キャンプ場では鉄板で焼き色を付けて食べるだけ、というのもアリでしょう。どうせならアウトドアで「これデカくね!?」なんて盛り上がりながら食べたいですかね〜。

もちろん食卓のゴージャス料理のひとつとしてもおすすめです!