MENU

コストコ『USAビーフ サーロインステーキ ニューヨークカット』のおすすめ度は? 気になる品質や焼き方をチェック

コストコ『USAビーフ サーロインステーキ ニューヨークカット』のおすすめ度は? 気になる品質や焼き方をチェック

コストコで販売しているアメリカ産牛肉の『USAビーフ サーロインステーキ ニューヨークカット』はご存知でしょうか。

サシは少なめの赤身肉ですが、けっこう柔らかく、適度な歯ごたえを楽しめます。コスパを重視しつつも、肉厚なステーキを頬張りたいという人にはうってつけ。このサーロインステーキを上手に焼く方法をご紹介しましょう。

目次

価格・内容量は?

こちらがコストコの精肉コーナーで販売されているアメリカ産牛肉の『USAビーフ サーロインステーキ ニューヨークカット』。お値段は100gあたり399円(税込、品番 98301)。購入したものは正味量925gで3,691円でした。

等級はアメリカ農務省(USDA)の格付けは「チョイス」グレード(4段階の上から2番め)です。

ちなみに、格付けがひとつ上の『プライムビーフ サーロインステーキ』は100gあたり548円(税込)なので、それに比べるとお手頃感があります。

最近の価格は?

『USAビーフ サーロインステーキ ニューヨークカット』は時期によっては価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2019年2月399円/100g3,691円/925g
2024年1月598円/100g7,272円/1,216g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

お肉をチェック

購入したものはステーキ肉2枚。つまり1枚あたり460gほどとなります。少し脂肪のサシが入っていますが、ほぼ赤身肉ですね~。厚みは3cmほどもあって大迫力!

余談ですが、「アウトバックステーキハウス」だとチョイスグレードのサーロインは300gで3,810円(税込)。つまり100gあたり1,270円です。もちろんあちらはプロが焼いたものなので単純な比較はできませんが、コストコで買ったものをいい感じに調理できればだいぶオトクかも!

そこで、このステーキ肉を上手に焼く方法を紹介していきます。

上手に焼く方法

ここでは、非常にシンプルな調理方法を紹介します。下ごしらえは最小限、事前に塩コショウは振らず(食べるときに味付け)、焼くときにバターや脂を使いません。それでも、お肉のおいしさは十分堪能できますよ!

とはいえ、これはあくまで一例。ご家庭ごとにコンロの火力なども異なりますので、各自でアレンジして調理するといいでしょう。

ステーキを焼くときにいちばん大事なのは、肉の温度です。

冷蔵庫から出したばかりの冷えた状態だと、うまく火が通らず、焼きすぎてしまいがち。そこで、室温の中で1時間ほど置き、肉の温度を上げておきましょう。

なお、焼く前にキッチンペーパーなどを使って表面のドリップを吸い取っておくと、余計なくさみを除くことができますよ。

スジがあると、加熱時に縮んで反ってしまい、うまく焼けません。本品はスジ切り処理をしてありますが、気になる部分には自分でも切込みを入れておきましょう。

いよいよ焼いていきます! まずはフライパンをコンロにのせ、強火でしっかりと熱します。

フライパンが十分熱くなったら、ステーキ肉を投入。すぐに弱火にして、3分焼き付けます。このとき、お肉を動かさず、じっと見守るのがコツです。

お肉の側面の色が、下から3分の1ほど白くなってきたら頃合い。3分を目安に、ひっくり返すタイミングを調整してください。

ひっくり返したら、裏面も同じ時間焼きます(基準は3分)。火力はずっと弱火のまま。

表・裏と焼き終えたら、再びひっくり返して、火を止めます。そのまま3分、余熱で火を通していきます。最初はジュウジュウという音がしますが、すぐに静かになります。

内側の火の通り加減を確認する方法としては、お肉に菜箸を刺して穴を開け、その周囲を押して出てくる肉汁が赤ければ生。透明ならば火が通っている状態です。レアにするかミディアムでいくか、お好みのところで完成としましょう。

どんな味? 肉汁は?

焼き上がったステーキを包丁でカットしたところ。周囲は焦げ目も付いてしっかり火が通っていますが、中央部分はミディアムレアぐらいの状態に。断面にあふれ出た肉汁が光を反射してつやつやしています。

赤身中心の肉なので、舌触りがざらりとしており、歯ごたえがあります。

とはいえ十分やわらかく、噛み切るのに苦労することはありません。食べごたえがあって、肉のうまみがしっかり感じられ、ステーキ肉としては十分なクオリティがありますよ!

黒毛和牛やプライムビーフには劣る?

ただ、黒毛和牛やプライムビーフと比べると、味の奥行きはそれらに及びません。

脂の甘みが少ないこともあり、食べていくとやや単調に感じることも。そういう場合は、ステーキソースをかけてうまみを足してあげるといいでしょう。しょうゆを垂らすだけでもコクは加えられますよ~。

コスパ重視で極厚肉を味わいたい人におすすめ

『USビーフ サーロインステーキ ニューヨークカット』は、100gで399円と(ステーキ肉にしては)お手頃なお値段。特に記念日というわけではないけど、肉のかたまりをがっつり食べたい! という気分のときに選ぶとよいかと。

よりごちそう感を出したい場合は、黒毛和牛やプライムビーフあたりを選択肢に入れる、ということでいかがでしょうか?

商品の評価と詳細情報

USAビーフ サーロインステーキ ニューヨークカット
総合評価
( 4 )
スクロールできます
品番98301
内容量925g(参考)
消費期限加工日の3日後
保存方法要冷蔵4℃以下
原材料アメリカ産牛肉
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次