MENU

コストコの『いぶりがっこタルタル(大容量版)』はスモーキーマヨネーズみたいで使い道いろいろ!

コストコで販売されている久世福商店『いぶりがっこタルタル』はご存知でしょうか。

秋田名物「いぶりがっこ」(燻製大根の漬物)とマヨネーズを合わせた、和風のタルタルソース。スモーキーな風味とポリポリとした歯ごたえが楽しい! コストコ版はたっぷり入った大瓶タイプで、コスパ的にも優秀ですよ。

目次

『久世福商店 いぶりがっこタルタル』の価格は?

こちらがコストコで見かける久世福商店『いぶりがっこタルタル』(品番:48420)。内容量455gで、お値段は1,158円(税込)。プライスカードには「470g」と書かれていたりするんですが、ラベルには「455g」と記載されています。カロリーは100gあたり423kcal(脂質 40.7g、炭水化物 11.3g)。

サンクゼールのブランド・久世福商店の人気商品ですね。一般流通版は『秋田で燻された いぶりがっこタルタル』という名前で160g入り。それに対し、コストコ版の大瓶は約2.8倍のボリューム。ただし、原材料が微妙に異なっていたりするので、まったく同じ商品というわけではないかも。

『いぶりがっこタルタル』はどんな味?

マヨネーズベースのこってりクリーミーな口当たり。味付けは意外と甘めで、スモーキーな香りが効いています。そして、刻んだいぶりがっこが、ポリポリと小気味よい歯ごたえで楽しませてくれます。

いわゆるタルタルソースとは違った風情で、どちらかというと「スモーキーマヨネーズ、いぶりがっこ入り」と表現したくなる感じ。

ちなみに、いぶりがっこが下に沈みがちなので、よくかき混ぜて使いましょう。

『久世福商店 いぶりがっこタルタル』と相性のいい料理

ワカサギの唐揚げにかけてみました。魚の風味を残しつつも、油のギトッとしたところをタルタルがまろやかに包み込んで食べやすい。コクとうまみが足され、メインディッシュとしての食べごたえが増して、満足度がアップします。

ポテトフライのディップソースに使った場合は、タルタルの甘さが前面に出すぎる印象。お試し程度に味わうならいいけど、メインで使うと、ちょっと胃もたれするかも。

サラダのドレッシングとしての使い方はアリ! 本品のこってりとした甘みとクリーミーさが、野菜の瑞々しさ・青々しさを鮮やかに浮かび上がらせてくれて、とてもおいしくいただけます。

『いぶりがっこタルタル』のコスパは?

久世福商店の『いぶりがっこタルタル』は、実店舗やオンラインショップでも見かける商品です。それと比べて、コストコ版はどれくらいオトクなのでしょうか。そこで、100gあたりのコスパを調べてみました。原材料が微妙に異なるようなので厳密な比較とは言えませんが、相場の目安として参考にしてください。

  • コストコ版……100gあたり255円
  • 一般流通版……100gあたり435円

久世福商店の店舗やオンラインショップで見かける一般流通版は100gあたり435円。それに対し、コストコ版は41%ほども割安です。というわけで、コスパを重視するならコストコでゲットしておくのがよさそうですよ!

商品の評価と詳細情報

久世福商店 いぶりがっこタルタル(455g)
総合評価
( 4 )
品番48420
内容量455g
カロリー100gあたり428kcal(たんぱく質 2.9g、脂質 41.4g、炭水化物 11.7g、食塩相当量 2.49g)
製造者サンクゼール
保存方法直射日光を避け常温で保存(開封後要冷蔵)
原材料半固形状ドレッシング(国内製造)(食用植物油脂、卵黄、醸造酢、その他)、いぶりがっこ(大根、砂糖、食塩、その他)、鶏卵加工品(鶏卵、マヨネーズ、食塩、その他)、本みりん、日本酒、砂糖、醸造酢、燻製オイル、和風調味だしパウダー、しょうゆ/増粘多糖類、調味料(アミノ酸)、乳化剤、pH調整剤、香辛料抽出物、糊料(加工でんぷん)、グリシン、(一部に小麦・卵・大豆・さば・魚醤(魚介類)を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次