MENU

コストコの『冷の珈琲 無糖』はどんな味? アイスコーヒー6本パックの苦み・すっきり度をチェックしてみた

コストコで販売されている『山本珈琲 冷の珈琲 無糖』をご存じでしょうか。

リキッドコーヒーの6本入りボックスです。酷暑がつづく夏には、やっぱりキンキンに冷えた無糖のブラックアイスコーヒーが効きますよねぇ。味傾向をチェックしてみましたよ。

目次

『山本珈琲 冷の珈琲 無糖』の価格・内容量は?

『冷の珈琲 無糖』は1,198円(税込、品番 11164)。「れいのコーヒー」ではなく「ひやしのコーヒー」と読むようです。コーヒー事業を展開する山本珈琲によるリキッドコーヒーの6パックセット。製造所はジーエスフードです(カルディのコーヒー関連商品でおなじみの)

リキッドコーヒーは1本1000ml。1本あたりの単価(コスパ)は約200円です。一般スーパーのPB商品だと、その半額ほどのアイスコーヒー(1Lパック)をよく見かけるので、単に安さだけを求めるなら、本品は選びにくいかも(味で選ぶべしっ)。

『山本珈琲 冷の珈琲 無糖』はどんな味傾向?

冷してそのまま飲むのが通常かと思いますが、わりと濃いめのコーヒーなので氷を加えておくのも全然アリ。

バランス型で濃いめの無糖アイスコーヒーです。

やや酸味がちであり、その酸味は角のとれたまろやかなタイプ。焙煎の香りが立つような香りよさと、苦味のほどよい余韻もあり、総じて “どっしりとしたバランス型アイスコーヒー” という印象がありますね。

飲みやすいけど軽いわけではなく、厚みのある風味って感じでしょう。

牛乳・豆乳とも合わせやすい

けっこう濃いめのアイスコーヒーなので、ミルクや豆乳を加えても負けませんよ。むしろアイスミルクコーヒーを作るベースとして調達するのもアリかも。

商品の評価と詳細情報

山本珈琲 冷の珈琲 無糖
総合評価
( 4 )
品番11164
品名コーヒー
内容量6000ml(1000ml×6)
カロリー100mlあたり6kcal(たんぱく質 0.5g、脂質 0g、炭水化物 0.9g(糖類 0g)、食塩相当量 0.02g)
販売者山本珈琲
製造所ジーエスフード 和歌山工場
原材料コーヒー(国内製造)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次