MENU

コストコの『ファイブミニ』はお買い得なの? 30本セットのコスパを調べてみた

コストコだと『ファイブミニ』がお買い得なのでしょうか?

大塚製薬のトクホ、“飲むセンイ” 飲料ですね。食物繊維やビタミンCの摂取のために愛飲している方もいるかと思いますが、コストコではその30本セットが販売されています。気になるコスパを調べてみました。

目次

『大塚製薬 ファイブミニ 100ml×30本』の価格は?

大塚製薬の “食物センイ飲料” としておなじみの『ファイブミニ』。コストコではその30本セットが販売されています。参考価格は2,498円(税込、品番 53230)。コンビニやドラッグストアでもおなじもの100mlビンが6本入ったパック、その5個セット、計30本という構成ですね。

『ファイブミニ 100ml』の栄養成分は?

『ファイブミニ』は特定保健用食品、いわゆる「トクホ」扱いのドリンクですね。「食生活で不足しがちな食物繊維を手軽にとり、おなかの調理そ整える食物繊維飲料」という表示があります。

栄養成分は以下のとおりです。

  • 1本100mlあたり50kcal(たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 18.5g(糖質 12.5g、食物繊維 6g(31%*)、食塩相当量 0.03g、ビタミンC 300mg、関与成分 ポリデキストロース 7.0g)
    *栄養素等表示基準値(18歳以上、基準熱量2,200kcal)に占める割合

『ファイブミニ 100ml×30本』のコスパは?

それでは『ファイブミニ』をコストコで購入するとお買い得なのでしょうか?

一般スーパーやコンビニなどにおける販売価格を例に、1本(100ml)あたりのコスパを比較してみました。あくまでも一例ではありますが、お買い物のご参考にどうぞ。

  • コストコで購入(30本) …… 1本あたり約84円
  • 某スーパーで購入(30本) …… 1本あたり約86円
  • 某スーパーで購入(6本) …… 1本あたり約115円
  • 某コンビニで購入(1本) …… 1本あたり129円

基本的にはコストコで購入するのがお買い得なのは確かでしょう。一般的なスーパーやコンビニと比べると3割前後の割安プライスとなっています。『ファイブミニ』を1日1本愛飲している方、コストコで買って全然OKです。

一方、コストコとほぼ同じコスパ感で30本セットを販売している例も見かけたりするので、場合によってはご近所のスーパーでもコストコ級にお買い得な『ファイブミニ』を見つけられるかも?

商品の評価と詳細情報

大塚製薬 ファイブミニ 100ml×30本
品番53230
内容量3L(100ml×6本×5)
カロリー1本100mlあたり50kcal(たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 18.5g(糖質 12.5g、食物繊維 6g(31%)*、食塩相当量 0.03g、ビタミンC 300mg、関与成分 ポリデキストロース 7.0g)*栄養素等表示基準値(18歳以上、基準熱量2,200kcal)に占める割合
販売者大塚製薬
製造所大塚薬品
原材料糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖、オリゴ糖)、ポリデキストロース(アメリカ製造)/ビタミンC、炭酸、酸味料、香料、トマト色素、調味料(アミノ酸)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次