MENU

業務スーパーの『たこ焼き』は買い? 1kgパックの大きさ・味わいを揚げ調理で確かめてみた

業務スーパーで販売されている『たこ焼き』をご存じでしょうか。

たっぷり1キロ入った冷凍たこ焼きです。たこのサイズは平均点か、平均よりちょい小さめ程度。密度感のあるもっちりした食感は優秀なので、しっかり味付けして小腹満たし用の軽食にする用途にはぴったりですよ。

目次

『たこ焼き』の価格・コスパは?

『たこ焼き』は645円(税込、税抜598円)で販売中。冷凍たこ焼きが40個入って、内容量は1kg(1個あたり25g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約65円。一般スーパーの冷凍たこ焼きは安いもので85円/100g程度ですから、わりあい手頃な価格設定です。『オートミールで作ったたこ焼き』(300g・267円・89円/100g)など、業スー品のなかでもコスパは比較的優秀ですね。

『たこ焼き』の調理方法は?

170℃の油で凍ったままの本品を5個あたり約5分揚げるだけ。全体がきつね色になるよう、たまにひっくり返しながら加熱しましょう。面倒ならラップをかけて電子レンジ(500W)で5個あたり約3分半ほどチンしてもOK。揚げ調理だとカリカリ、レンジ調理だと柔らかな食感になります。

『たこ焼き』の味・食感は?

ソースや青のりなどの調味料は付属しておらず、味付けもやや淡白なので、別途用意するのがおすすめです。キャベツにやまいもを加えてふんわり寄りの口当たりにしたタイプ。とくに揚げ調理にすると表面はカリッと仕上がり、中はもっちりした弾力が感じられます(銀だこ風)。

ネギと生姜を使ったさっぱりした風味。天かすとかつお節で軽く味を足しているものの、たこの旨味を邪魔しない程度です。たこのサイズは冷凍品としてはごく普通ですが、一個ずつのサイズがそこそこ大きいぶん、気持ち小さめに感じられます。

特別クリーミィな食感ということもなく、味も食感も平均点。生地の密度感があって食べごたえは優秀なので、調味料を多めに足すこと前提で、軽食用にチョイスするなら十分アリといったクオリティです。コスパ重視でたこ焼きを確保したいときにも手堅い選択肢に入る一品ですよ。

『たこ焼き』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『たこ焼き』は100gあたり122kcal(脂質 2.8g、炭水化物 19.5g)。1個(25g)あたりは約31kcal。召し上がる際の参考にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

たこ焼き
総合評価
( 4 )
内容量1kg(40個入)
カロリー100gあたり122kcal(たんぱく質 4.8g、脂質 2.8g、炭水化物 19.5g、食塩相当量 0.9g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料小麦粉、野菜(キャベツ、ねぎ、しょうが、やまいも)、卵、たこ、植物油脂、天かす、しょうゆ、食塩、かつお節粉末調味料、ぶどう糖/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、膨張剤、(一部に卵・小麦・大豆・やまいもを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次