MENU

業務スーパーの『ラグジュアリッチコーヒー』はどんな人におすすめ? 味傾向やコスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『ラグジュアリッチコーヒー』をご存じでしょうか。

業スー製コーヒー豆の定番のひとつですね。ご時世もあってかつてと比べて値上げとなっているので、改めて味の傾向やコスパを確認してみました。

目次

『ラグジュアリッチコーヒー』の価格・コスパは?

業務スーパーのオリジナルコーヒー豆『ラグジュアリッチコーヒー』は527円(税込、税別488円)。内容量は360g。製造者は珈琲まめ工房(神戸物産グループ)。生豆原産国等の情報は以下のとおりです。

コーヒー豆の仕様・コスパ

  • 仕様 …… レギュラーコーヒー(豆)
  • 参考価格 …… 527円(税込)
  • 内容量 …… 360g(*)
  • 単価 …… 100gあたり約146円
    • 1杯=約12gで約30杯分
    • 1杯あたり約18円
  • 生豆生産国 …… ブラジル、コロンビア
  • 焙煎 …… シティーロースト

100gあたりの単価(コスパ)が約146円。かつては100円を切っていたので値上げとはなっているものの、それでも十分に安い部類ではありますね(安いコストコでも200円台が普通)。生豆生産国は従来と変わらずブラジルとコロンビア。焙煎レベルはシティーロースト(5/8段階)です。

*初出時は内容量を誤って掲載しておりました。お詫びして訂正いたします。

コーヒー豆は欠点豆もチラホラあるものの、サイズがよく揃っている印象です。こんなに安いのに。悪くないですね〜。

『ラグジュアリッチコーヒー』の味傾向は?

テイストの傾向

  • 苦味|■■■□□
  • 酸味|■■□□□
  • 甘み|■■□□□
  • コク|■■□□□
  • 香り|■□□□□
    ※中細挽き、ペーパーフィルターでドリップ

基本的には深煎り好きのためのコーヒー豆でしょう。といってもハードな苦みではなく、軽くキレのある酸味だったり甘みも感じられ、“バランスのとれた深煎りコーヒー” と評するのがよいかと思います。風味に土っぽさなどのクセはないし、お値段を考えると、かなり出来がよいと考えてよいのでは?

まさにコスパ良好。『ラグジュアリッチコーヒー』は日ごろ気軽に飲むコーヒー豆としては申し分ないクオリティと言えるでしょう。

コーヒー豆の保存方法は?

開封後はコーヒー豆を密閉容器に移し、日の当たらない暗所で保管しておくのがおすすめです(冷蔵庫でもOK)。

飲み切るまでに1ヶ月くらいかかりそうであれば、保冷バッグ(「ジップロック」など)に必要な分を詰め替えて、冷凍庫で保管しておいてもOKです。冷蔵庫や冷凍庫で冷やしたコーヒー豆を飲む際は、常温に戻してから使うようにしましょう。

商品の評価と詳細情報

ラグジュアリッチコーヒー
名称レギュラーコーヒー
内容量360g
カロリー
製造者珈琲まめ工房
原産国
原材料コーヒー豆(生豆生産国 ブラジル、コロンビア)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次