MENU

業務スーパーの『鶏屋さんのチーズチキンカツ』はどうなの? チーズ度や食べごたえをチェックしてみた

業務スーパーの『鶏屋さんのチーズチキンカツ』はどうなの? チーズ度や食べごたえをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『鶏屋さんのチーズチキンカツ』をご存じでしょうか。

国産鶏むね肉にチーズソースをあわせた冷凍揚げ物です。ソースはふんわりした口当たりで、ジャンクフード寄りの濃厚感があるおやつっぽい仕上がり。間食やお弁当などに使いやすい一品ですよ。

目次

価格・内容量・コスパは?

『鶏屋さんのチーズチキンカツ』は645円(税込、税抜598円)で販売中。冷凍チキンカツが11個ほど入っており、内容量は800g(1個約73g)。販売は神戸物産、製造はグリーンポートリー(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

コスパ(単価)は100gあたり約81円。『鶏屋さんのチキンカツ』(900g・559円・約67円/100g)などのシリーズ品に比べて、若干高めでボリューム少なめ(他はどれも900g入り)。一般スーパーだと冷凍チキンカツは120円/100g程度なので、それでも手頃感はある価格設定ですね。

調理方法は?

170℃に熱した油で、凍ったままの本品を6~7分ほど揚げるだけで完成です。1個ずつが大きめなので、揚げ時間はやや長め。中のチーズソースが溢れる可能性があるため、揚げすぎにだけ注意しましょう。

味と食感は?

衣はパン粉の軽やかなサクサク感が際立った気持ち良い歯ざわり。鶏むね肉はしっとり柔らかく、ジューシーな肉汁感もしっかり楽しめます。他の「鶏屋さん」シリーズと同じく、食感はかなり安定したクオリティですね。

衣と鶏肉には特に味付けがされておらず、ベースはさっぱりした味わい。チーズソースの味は濃いので、そのままでも食べられますけど、ご飯おかずにする際に物足りなさを感じる場合は調味料を足してもOKです。

チーズみっちりでスナック系のおいしさ

衣と鶏肉のあいだにしっかりした量のチーズソースが詰まっています。チェダーチーズをベースにしており、ふんわり優しい口当たりから、まろやかな酸味とほのかな甘みが広がる感じ。わりと素朴な濃厚感なので、若干のチープさは否めません。

おかずにも使えますけど、どちらかといえば単品で間食にしたくなるホットスナック的なおいしさ。お子様のお弁当に入れても喜ばれるタイプの味です。あっさりした鶏むね肉のおかげでチーズの濃厚感がさっぱり切れる、絶妙なバランスの一品ですよ。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『鶏屋さんのチーズチキンカツ』は100gあたり184kcal(脂質 9.6g、炭水化物 8.3g)。1個(約73g)あたりは約134kcalの計算。ごはん1杯(200g=約290kcal)と合わせた場合は約424kcalです。召し上がる際の参考にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

鶏屋さんのチーズチキンカツ
総合評価
( 4 )
内容量800g
カロリー100gあたり184kcal(たんぱく質 15.2g、脂質 9.6g、炭水化物 8.3g、食塩相当量 0.7g)
製造者グリーンポートリー
販売者神戸物産
原材料鶏むね肉、衣(パン粉、小麦粉、食塩、こしょう、砂糖、でん粉、大豆粉末、ゼラチン、植物油脂、デキストリン)、乳等を主要原料とする食品/加工デンプン、増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、pH調整剤、甘味料(ソルビトール)、香料、調味料(アミノ酸)、カロチノイド色素、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉・ゼラチンを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次