MENU

業務スーパーの『肉厚極旨とんかつ』はどれくらい肉厚? 旨みやジューシー感もチェックしてみた

業務スーパーの『肉厚極旨とんかつ』はどれくらい肉厚? 旨みやジューシー感もチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『肉厚極旨とんかつ』をご存じでしょうか。

アメリカ産豚肉を使用した冷凍とんかつです。サイズは小さめながら、3~4cmほどの厚みがあるしっかりした食べごたえ。衣のサクサク感と肉汁のジューシーさが際立った、優等生的な揚げ物おかずですよ。

目次

価格・内容量・コスパは?

『肉厚極旨とんかつ』は645円(税込、税抜598円)で販売中。冷凍とんかつが13個ほど入って、内容量は700g。販売は神戸物産、製造はグリーンポートリー(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

コスパ(単価)は100gあたり約92円。一般スーパーの冷凍とんかつは150円/100g程度するので、けっこう手頃感がある価格設定です。

近い商品として『豚一口カツ』(500g・494円・約99円/100g)『豚ひとくちカツ 肩ロース』(500g・537円・約107円/100g)などもラインナップされています。比較すると、本品は業スー品のなかでも最安クラスのポジションですね。

調理方法は?

170℃の油で凍ったままの本品を約6分揚げるだけ。そこそこ厚みのある商品なので、途中で裏返してまんべんなく火を通しましょう。加熱しすぎると豚肉からアクが滲み出てしまうため、規定時間まで揚げたら早めに取り出すのがよいかと。

味と食感は?

パン粉の衣は元気なサクサク食感。中は3〜4cmほどの厚みのある豚肉がしっかり詰まってます。お肉の部位は未記載で、ムチッとした柔らかな弾力感のある歯ごたえです。

赤身はしっとりした歯ざわり。脂身のこってり感と肉汁のジューシーさのほうが強く主張するバランスで、がっつり系のおいしさですね。肉の旨みも十分濃いめ。そのままでもいけますけど、別途ソースなどで仕上げたいところです。

こってり重たい以外はそつのない優秀おかず

ミニサイズの揚げ物なのでどうしても衣の割合が多く、やや脂身が強いのと相まって、脂っこくてクドさを感じがちなのはマイナスポイント。一度に食べるのは多くて3~4個で十分な印象です。

それでも格安品としてはご褒美感のあるおいしさ。大味ながら豪快さのある肉厚感とジューシーさが魅力です。カツ丼にもぴったりですし、おかず用途で選ぶなら優秀な選択肢に入る一品ですよ。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『肉厚極旨とんかつ』は100gあたり228kcal(脂質 12.6g、炭水化物 12.8g)。わりと重たい感じ。1個平均は53g程度なので、2個で100g強になります。ごはん1杯(200g=約290kcal)と合わせた場合は約518kcal。召し上がる際の参考にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

肉厚極旨とんかつ
総合評価
( 4.5 )
内容量700g
カロリー100gあたり228kcal(たんぱく質 14.0g、脂質 12.6g、炭水化物 12.8g、食塩相当量 0.8g)
製造者グリーンポートリー
販売者神戸物産
原材料豚肉(アメリカ産)、衣(パン粉、小麦粉、食塩、こしょう、砂糖、でん粉、大豆粉末、ゼラチン、植物油脂、デキストリン)/加工デンプン、甘味料(ソルビトール)、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次