コストコ『100%ビーフパティ(冷凍)』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコの「100%ビーフパティ」といえば、肉コーナーにある2kgクラスのものが名物です。が、実はもう1種類あるのをご存じですか?

今回ご紹介するのは、冷凍の『100%ビーフパティ』です。もちろん、販売している場所は冷凍食品コーナーとなります。ハンバーガーショップで見るような厚さ1cm程度の円形パティで、凍ったままフライパンで裏表3分ずつ焼けばOKと、調理は非常に楽!

その魅力を最大限に引き出す食べ方は、やはりハンバーガーでしょう。本品は肉汁がジュワ~というタイプではありません。が、パンや野菜と一緒にパティを噛みちぎり、口の中でうまみが混ざり合うのを楽しむなら、極上の選択肢。ぜひ一度お試しあれ!

100%ビーフパティ(冷凍)|1,358円|10枚

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコの冷凍食品コーナーで販売されているオレンジベイフーズの『100%ビーフパティ』。10枚入って内容量は1,140g。お値段は1,358円(税込)でした。つまり1枚あたり114gで、単価は136円ほどとなります。

袋の側面は透明になっていて、中が見えるようになっています。カッチカチに凍ったパティが10枚入っていますね。

原材料は?

原材料は100%オーストラリアビーフとなります。加工者は愛媛県のオレンジベイフーズ株式会社。

【原材料名】牛肉(オーストラリア)

フライパンで6分焼けば完成! ハンバーガーに最適!

コストコでは生の『ビーフパティ(赤身88%)』も売られていますが、あちらは非常に立体感がありました。一方、こちらは1枚の厚みは1cmほど。カチンカチンに凍っており、上下のパティがくっついています。剥がす際には、隙間に包丁などを差し入れてひねってやると吉。

パッケージに書かれている調理方法をそのままやってみましょう。熱したフライパンにパティを置いて、まず3分焼きます。1分経過したあたりで、フライ返しなどで軽く押さえて形を整えます。

3分経ったらひっくり返して、フタをしてさらに3分焼きます。

というわけで、ひっくり返したところ。けっこう油が出てきていますねー。フタをして、引き続き3分加熱しましょう。

合計6分で焼きあがり! 油がさらに出ましたね。

あとは盛り付けて食べるだけ! フライパンでは大量に出た油ですが、食べる際には適度に冷めたせいか、だいぶ落ち着いています。

このビーフパティ、食感はけっこうかためで、噛みごたえを楽しむタイプ。噛めば肉のうまみを感じられるものの、肉汁がジュワ~っていう感じではありません。

また、肉自体は味付けされていないので、焼く際に塩コショウをするか、食べるときにソースなどをかけるといいでしょう。

厚さ1cmの平たいパティは、もちろんハンバーガーに最適! 塩パンに野菜と一緒に挟んで、ケチャップで味付けしただけですが、これが十分にうまい! ちなみに上の写真では、パティ1枚だとはみ出てしまうので、半分に切ったものを使用しています。

先ほど「肉汁がジュワ~ではない」と書きましたが、ことハンバーガーにおいては、これはメリット。むやみに汁が出てきてこぼれたりしないので、非常に食べやすいです。また、食感がかためという点も、ポロポロとバラけたりしないのでグッド。しっかり噛んで肉のうまみを味わうという食べ方になりますが、これによって満足感はむしろ高いです!

カロリーは?

栄養成分表示によると、1枚あたりのエネルギーは300kcal。肉の塊だけに、けっこうありますね。