MENU

コストコの『ミニクロドット』が水色だけど大丈夫? 最近の種類・味わいをチェックしてみた

コストコで販売されている『ミニクロドット』をご存じでしょうか。

定番となっているクロワッサン生地のプチドーナツですね。時期によって構成が異なりますが、2023年9月上旬時点ではなにやら水色のやつが混じっています……だいじょうぶ!?

目次

『ミニクロドット』の価格・内容量は?

コストコのプライベートブランド「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」の商品『ミニクロドット』は1,280円(税込、品番 93620)。コストコでは定番となっているクロワッサンスタイルのプチドーナツシリーズですよね。

16個入り。時期によって種類は異なりますけど、明らかに狙ってきている色のやつが……(顔色がわるい的な?)。

『ミニクロドット』の種類は?

というわけで、2023年9月上旬時点の『ミニクロドット』はこんな種類で構成されています。

  • ブルー&ホワイト …… 4個
  • チョコヘーゼル …… 4個
  • プレーン(シュガー) …… 8個

シュガー系は粉糖の有無の違いくらいしかないので、見た目は4種類ですけど、実質的には3種類かと思われます。

『ミニクロドット』はどんな味? 食感は?

「ブルー&ホワイト」、気になりますよねぇ。ハロウィン合わせなんですかね? スカイブルーに星型シュガーを散らしたルックスはインパクトがありますけど、毒々しいというような青色ではありません。

で、色はアレでも味は至って普通です。厚めのパリッとしたアイシングと、少々もっちり気味のクロワッサン生地。素直なシュガーテイストとなっていますよ。

この「チョコヘーゼル」がイチバン好まれそう。チョコの風味とヘーゼルナッツの甘やかさがよく合うし、チョココーティングの厚みとヘーゼルナッツのカリカリという食感的組み合わせも好感です。

プレーン(シュガー)はオーソドックスに砂糖の甘さで押してくるタイプです。持つ指に油がよくつくものの、風味的にイヤな油っこさはないですね。粉糖がかかっているほうが、ちょっと涼を感じるような口当たりなので推しです。

というわけで、『ミニクロドット』は相変わらずおすすめできるおやつですね。水色のあいつ……全然だいじょうぶですよ!

『ミニクロドット』のカロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり467kcal(脂質 29.2g、炭水化物 44.4g)。1個(約39g)あたりでは約182kcalです。ふたくちでいけちゃうサイズですけど、それなりにカロリーはありますね(コンビニおにぎり1個分)。食べ過ぎにはご注意を!

商品の評価と詳細情報

ミニクロドット
総合評価
( 4.5 )
品番93620
内容量16個
カロリー100gあたり467kcal(たんぱく質 5.8g、脂質 29.2g、炭水化物 44.4g、食塩相当量 0.93g)
製造者コストコホールセールジャパン
原材料シュガー(スペイン製造)(小麦粉、植物油脂、砂糖、マーガリン、その他)、ブルーホワイト(小麦粉、植物油脂、砂糖、その他)、チョコヘーゼル(小麦粉、チョコレートコーチング、植物油脂、マーガリン、ヘーゼルナッツ、その他)、粉糖(ぶどう糖、とうもろこしでん粉、植物油脂、その他)/乳化剤、香料、着色料(スピルリナ青、カロチン)、安定剤(トレハロース)、ステアリン酸Ca、V.C、リン酸Ca、酸味料、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次