コストコ『ウォールナッツロール』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコの定番大入りパンといえば『ディナーロール』ですが、そのお仲間の『ウォールナッツロール』をご存知でしょうか? レギュラー販売ではないのですが、近ごろ復活しており、ベーカリーコーナーに並んでいます。

「ウォールナッツ」とはくるみのこと。カリカリとした食感やこうばしさが最高のアクセントになっていて、無限に手を出してしまうほどのおいしさ! このやみつき度は本家『ディナーロール』を超えているのでは!? お値段は240円アップとなりますが、納得のクオリティですよ!

コストコ|ウォールナッツロール|698円

おすすめ度 ★★★★★

こちらがコストコのベーカリーコーナーで販売されている『ウォールナッツロール』です。あいかわらず、大きな袋にぞんざいに放り込まれたようなビジュアル。36個入って、お値段は698円(税込)となります。1個あたり19.4円という計算ですね。

内容量は? サイズ感は?

ラベルをチェック。正味量は1,400gとあります。つまり、1個あたりの重量は39gほど。消費期限は、加工日の2日後となります。食べきれない場合は冷凍しておきましょう。

抱え持った場合、このようなサイズ感になります。

原材料は?

原材料を見ておきましょう。くるみが入っているのが、『ディナーロール』との違いです。

【原材料】小麦粉、くるみ、ショートニング、砂糖、脱脂粉乳、食塩、イースト、卵、V.C

ディナーロール+くるみ=最強

無造作に詰め込まれていますので、下の方のパンが潰れてしまわないよう、丁重に取り扱いたいところ。

小さいながら、張りのある膨らみ加減。上部のツヤ(「ドリュール」というそうです)も美しい。そして、くるみがちょこちょこと顔を出しています。

ふたつに割ってみました。砕いたくるみがそこかしこに確認できますね。

この『ウォールナッツロール』は、『ディナーロール』同様、内側はけっこう詰まっており、食べ応えがあります。シンプルで素朴な甘さはイヤミがなく、飽きが来ない味なので、日常的にいただくには最適。そこにくるみのカリカリ感とこうばしさが加わり……もはや最強では?

オーブンで温めると、香りがたち、もっちりふわふわ感もアップしてよりおいしくなります。

もちろんアレンジだってなんでも来い! はちみつやジャムを塗ったり、チーズを挟んだりするだけでも楽しめます。

上の写真では、ほろ苦さが特徴の「ビターオレンジマーマレード」をのせてみました。パンの素朴な甘さ、くるみのこうばしさ、そこにオレンジ由来の苦みが加わることで、さらに極上の味わいに……。

小分けにして冷凍保存しましょう

購入後、2日くらい経つとどうしてもシワシワのパサパサになってしまいますので、早めに小分けにして冷凍しておくのがオススメ。食べる前に冷蔵庫などでゆっくり解凍し、オーブンで加熱すれば、おいしさのクオリティはキープできますよ!

*    *    *

というわけで、『ウォールナッツロール』激推し。『ディナーロール』シリーズのなかではお値段的に最も高価となってしまいますが、その価値はあります!