コストコの大入り野菜「長なす」を主婦がチェックしてみた結果

野菜や果物のラインナップも充実しているコストコ。そのなかで目立つのは海外産ですが、実は国産品もけっこう取り扱っています。

たとえばコストコの『長なす 1kg』は茨城県産。大きななすが5本入って598円(税込)ですが、これって一般のスーパーで買う場合と比べておトクなのでしょうか?

そこで、mitokではコストコ食材のアレンジレシピでお馴染みの塩野めいこさんに、ガチンコのレビューを依頼。3歳・5歳の男児を育てる主婦の目線から、厳しくチェックしてもらいました!

※本検証は、2018年7月20日に購入した1品についてのものです。個体差、保存状態、購入店、入荷時期などによって、品質は異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。あくまでも判断材料のひとつとして参考にしていただければ幸いです。

コストコ『長なす 1kg』の商品情報

  • 価格|598円(税込)
  • 量|1,040g(実測値、5本入り)
  • 単価|1本あたり119.6円、100gあたり57.5円
  • 産地|茨城県
  • メーカー|JA全農いばらき
  • 購入日|2018年7月20日
  • 消費期限|記載なし

購入した1袋には、大きななすが5本入っていました。長さは21〜24.5cmで、重さは184〜226g。近所のスーパーでよく見かけるなすと比べて、倍以上のサイズがあります。

鮮度は?

皮は張っており、ヘタの切り口は茶色く乾いていないので、鮮度は悪くなさそう。とはいえ、ガクの部分がシナっとしているので、超新鮮!とまでは言えないかも。ちなみに、本品は、ガクにトゲがありませんでした。そういう品種なのかな? なんにせよ、指にトゲが刺さる心配をしなくていいのは楽ですね。

一部のなすは、表面にひび割れがありましたが、その部分だけトリミングすれば問題なし。むしろ、傷のあるなすはポリフェノールが多いとも言われていますので、気にせずいただきましょう。

半分に切ってみたところ、水分が豊富で表面がしっとりと濡れています。種が大きく育ちすぎていることもなく、食べごろと言えそうです。

味は?

皮は固すぎず、炒めても焼いても、ほどよい食感です。身の部分は適度な水分を含んでおり、煮物にすればジューシーに、炒め物にすればトロッとして、非常に使いやすいですよ。なす自体はクセのなくプレーンな味わい。これが濃いめの味付けによく合うんですよねー。

コスパは?

近所のスーパーをチェックしてみると、栃木県産のなすが6本(約350g)入りで250円(税込)でした。長さは最大13cmで、1本の重さは66〜108gと、コストコのものに比べると半分くらいのサイズ。100gあたりは約71円ですね。

いっぽう、コストコのなすは100gあたり57.5円ですので、コスパは高いと言えます。

『長なす 1kg』のおすすめ度は?

おすすめ度 ★★★★★

  • 揚げものや炒めものにおすすめ

大きくて食べごたえがあり、コスパも上々。味にクセはなく、皮も食べやすい硬さなので、料理に使いやすい。買って損なしと言えます。

使い道ですが、なすは油と相性がよいので、揚げものや炒めものがおすすめ。その際、しっかりとした味付けをするのがポイントです。

たとえば、中華風てんぷらがおいしいですよ! 薄くそぎ切りにしたなすにてんぷらの衣をつけ、油で揚げ焼きしましょう。できあがったら、油を切っておきます。大きなボウルに塩と食べるラー油をお好みで入れ、なすのてんぷらを投入。全体を大きくかき混ぜながら、てんぷらの表面にしっかりと味をつけます。これを、熱々のうちに食べてみてください。薄切りのなすは表面がカリカリ、中はふっくらジューシー。ピリ辛な衣と相まって、ビールがすすむおつまみです! ラー油を入れなければ、小さなお子さんも食べられますよ~。