コストコ『ストロベリートライフル(リニューアル版)』のおすすめ度は? 気になる量や味をチェック

コストコ(Costco)の定番スイーツ『ストロベリートライフル』がリニューアルされたようです。

ざっくりいうと巨大ないちごショートケーキである本品、主にスポンジの原材料を変更したことによって、全体的に食べやすいテイストにまとまった印象です。

1.5kgのボリュームパックを前に、食べ切れるのかこれ……もし全部食べたらどんだけ……とかお悩みの方、リニューアル版はわりとおすすめできる仕上がりとなっておりますよっ。

コストコ|ストロベリートライフル|1,598円

おすすめ度 ★★★★☆

コストコのPB、カークランドシグネチャー(KIRKLAND Signature)のスイーツ『ストロベリートライフル(Strawberry Trifle)』は 1パック1,598円(税込)。ど直球なルックスを誇るコストコ定番スイーツですね。こいつがちょっとリニューアルされたそうで。でも、お値段と量(1.5kg! 1食80gで約19食分)は据え置きとなっています。ちなみに、トライフル(Trifle)は、フルーツやカスタード、スポンジケーキなどを容器の中に層状に重ねたデザートのこと。

米粉を使ったスポンジ生地で全体のバランスが良好に

相変わらずのいちご盛りまくり構成。ナパージュで艶々に仕上げられたハーフカットのいちごが敷き詰められております。そういう点では、本品については “巨大ないちごショートケーキ” という認識でいいんじゃないかと。

ベースのスポンジ生地の上には山盛りのカスタード、ホイップ、スポンジ、ホイップ、いちごといった構成で、見た目上はあまり変化がない感じ。

皿によそいづらいのもまた相変わらずなんですけど、味わいには変化が生じている印象。

この印象は、スポンジ生地に米粉が使われるようになったことが大きく影響している模様です。以前のスポンジは食感が弱く、他の要素の中に埋没してしまい、そのためにホイップやカスタードの甘さがしつこく際立つようなテイストだったかと思います。それをいちごのジューシーな酸味がフォローしている感じで、全体的にはお子さまっぽさの強いスイーツだったかなと。

リニューアル後の米粉を使ったスポンジは、しっとり系で食感がやや弾力のあるタイプ。食感的に存在感があって他の要素に負けず、スポンジ自体の風味もそれなりに効いてくるので、ホイップやカスタードの甘みとバランスがとれている感じです。そのうえでのジューシーいちごでもあり、安定したおいしさに仕上がっていますね。カスタードの旨みがやや強くなったような印象も。

リニューアル後の『ストロベリートライフル』は家族みんなでも愉しめるテイストに仕上がっているんじゃないかと思います。コーヒーか紅茶を用意してからどうぞ。先に述べたとおり、よそいづらいことこのうえないスイーツなので、大きめのサービングスプーンを使って、グラスによそうスタイルがおすすめです。

ローソクを立てれば、立派な誕生日ケーキにもなりますよ!

商品情報

  • 内容量|1,500g
  • カロリー|不明
  • 製造者|コストコ ホールセール ジャパン
  • 保存方法|要冷蔵4℃以下
  • 原材料|乳等を主要原料とする食品、卵、いちご、ケーキミックス(砂糖、米粉、小麦粉、卵白粉、食塩)、牛乳、いちごソース、ナパージュ、カスタードクリーム、ショートニング、乳化油脂、糊料(加工デンプン、増粘多糖類、アルギン酸Na、メタリン酸Na)、加工デンプン、ソルビット、乳化剤、カゼインNa、香料、酒石酸K、酸味料、着色料(紅麹、カロチノイド)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(V.E、亜硫酸塩)、(原材料の一部に大豆を含む)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。