コストコの400g『有機カカオニブ』は入門向け風味の良トッピング系フード

コストコ(Costco)で販売されている『オーガニック カカオニブ』をご存じでしょうか。

カカオニブ、要はカカオ豆の外皮をとって砕いたやつ。チョコに加工する前のお姿ですね。そのまま食べてもいいし、トッピングフードとしてもイケます。なにより高栄養価のスーパーフードとしても注目を集めているのだそうで。わりとおとなしい風味なので、カカオニブ入門にちょうどよいかと思いますよ。

オーガニック カカオニブ|1,048円

おすすめ度 ★★★☆☆

コストコで見かける『ネイチャーズハート オーガニック カカオニブ(NATURE’S HEART Organic Cacao Nibs)』は1,048円(税込)。カカオニブはカカオ豆の外皮等を取り除いたもので、チョコレートの原料となるものですね。近年では栄養価の高いスーパーフードとして、チョコ加工前の状態で食べるスタイルも人気のようです。本品は1袋400g入り、100gあたりの単価は262円、エネルギーは626kcal(脂質は 54.0g で全体の半分、マグネシウム 287mg、鉄分 2.8mg)。

商品原産国はイギリス。原材料の有機カカオ豆は、南米でも有数の産地であるペルー産を使用しています。メーカーの Terrafertil(テラフェルティル)は2005年にエクアドルで創業、現在はネスレ傘下 の自然食品会社。同社が展開するブランド「NATURE’S HEART」のラインナップではゴールデンベリー(ブドウホオズキ)がとくに有名のようです。

チャック式パッケージの中には細かく砕かれたカカオニブがたっぷり。そのまま食べてOKですよ。開封すると、あのフルーティ&ビターな独特の香りが……。

風味はちょっと弱いけど、トッピング要員として優秀では?

全体的にはちょっとおとなしいテイストかな? 開封時はカカオ豆特有のフルーティ感のある香ばしさが鼻をつくものの、味わいは淡めのビター感がメイン。硬質なコリコリとした食感で、噛むほどに広がる滋養感のある味わい。当然ですけど、まったくもって甘いものじゃありませんよ。

カカオニブ単体の商品って、カカオ豆のフルーティさなんかを押し出して、酸味やビター感が鮮やかなものが多い印象があるんですけど、本品は酸味が弱く、苦味の刺激もほどほど。ひとくちでそれとわかるような強度がないんですよね。逆に言えば、かなり食べやすい味わい。カカオニブ入門にはちょうどよいチョイスなんじゃないかと思います。ちなみに、カカオニブと一緒に砂糖をひとつまみ口に入れると、甘いチョコレートのようになりますよ。

トッピング用フードとしてもどうぞ。たとえばアイスクリームと混ぜるのもおすすめ。カカオニブのやや固めの食感がアクセントになるし、苦味も中和されて、アイスがよりおいしく感じられるかも。ややアイスの風味に押されやすい気はしますが……。

酸味控えめで甘さのあるヨーグルトに混ぜるのも悪くない感じです。

カカオニブを習慣的に食べたいなら、グラノーラなどのシリアルものに混ぜるのがベストじゃないかと。ただ、カカオニブの栄養価はお高めなので、そのへんのバランスにご注意ください。ほかにもお好みの食べ方を試してみることをおすすめします。

*    *    *

カカオニブはあまり食べ慣れない食材かとは思いますが、『ネイチャーズハート オーガニック カカオニブ』はおとなしいテイストなので、入門用にはちょうどよいかと。極端な話、ダークチョコがお好きな方であれば試してみる価値はありますし、仕事の合間の栄養補給用として確保するのもアリ。毎日のシリアル食に加えてあげるのもよいですよ。で、慣れてきたら、もうちょっと個性の強いカカオニブを求めてみる感じでどうぞ〜(そういうのはコストコに無いかもしれませんが……)。

商品情報

  • 品番|593408
  • 内容量|400g
  • カロリー|100gあたり626kcal(脂質 54.0g、たんぱく質 13.0g、炭水化物 15.0g)
  • 製造者|Terrafertil
  • 原産国|イギリス
  • 輸入者|コストコホールセールジャパン
  • 原材料|有機カカオ豆(ペルー産)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。