コストコのド迫力食材『ボイルロブスター爪』は肉厚ジューシーでうまみが濃い

コストコで販売されている『ボイルロブスター爪』はご存知でしょうか。

カナダ産のロブスター(オマール海老)を茹でたもので、その爪と腕の部分のみをてんこ盛りにしたパックです。殻は切れ目が入っているので剥きやすく、身は肉厚で食べごたえがあり、うまみも十分。そのままでもおいしいですが、パンに挟んだ「ロブスターロール」もまた格別です。

コストコ|ボイルロブスター爪|318円/100g

こちらがコストコの魚介コーナーで販売されている『ボイルロブスター爪(COOKED LOBSTER CLAW&ARM)』(品番:94787)。ボイル後に冷凍・解凍したものでして、そのまま食べられる「生食用」です。お値段は100gあたり318円(税込)。購入したものは1,241g入って、3,946円(税込)でした。

カナダ産ロブスター(オマール海老)を塩茹でしたもの。胴体部分は入っておらず、爪と腕のみがパック詰めされています。大きさにばらつきはありますが、全部で12本入っていました。ごつい殻には切り込みが入っていますが、素手で剥きにくい場合もあるので、ステーキナイフやカニスプーンを用意しておきましょう。

身は肉厚でジューシー、うまみも十分!

爪部分の剥きかた。最初に爪の小さい方を折り取ると、殻が切り込みのところでスルッと取れ、爪の形そのままの大きな身がご登場! 慣れれば簡単です。小さい爪の方にも細い身が入っているので、カニスプーン(なければ竹串でも可)で引っ張り出しましょう。また、殻の中にはロブスターのうまみを含んだジュースがたっぷり残っているので、こぼさないようにおいしくいただきます。

一方、腕の部分。こちらの殻にも切り込みは入っているのですが、素手だと割るのがけっこう難しい場合も。そんなときは、切り込みにステーキナイフを差し込んでグリッとひねりましょう。これで裂け目が広がり、殻が剥きやすくなりますよ。あとはステーキナイフやカニスプーンを使ってかき出します。

ロブスターの身は、むちっとした歯ごたえで(たまに爪の先のほうがスポンジのような食感だったりしますが)、水分をたっぷり含んでジューシー。独特のうまみがあり、エビよりゴージャスだけどカニよりはカジュアル…といった味わい。そして、なんだかこうばしい風味もありますね。このロブスター、ほんのり塩味がついていて、そのままでも十分イケます。レモンの絞り汁をかけるのもありですし、柚子胡椒を和えたマヨネーズをディップするのもいいですね。

また、アレンジとしておすすめしたいのが、最近は専門店も増えている「ロブスターロール」(ロブスターのサンドイッチ)です。ロブスターの身を食べやすい大きさにカットし、マヨネーズとレモン汁で和えます。お好みでスライスした玉ねぎやきゅうりを入れ、粗挽き胡椒をふりかけたら、バゲットに挟んでできあがり。レモンの酸味とマヨネーズのコクが、ロブスターのうまみを引き立てつつも独特のクセを中和し、非常に食べやすい! バゲットのこうばしさとの相性も抜群で、ついついもう1個食べたくなるおいしさです。

*    *    *

『ボイルロブスター爪』は、ビジュアルのインパクトが強烈だし味もよいので、パーティに用意しておくと盛り上がりそう。最初はそのままいただき、仕上げにロブスターロールを作って、味わい尽くしましょう。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

[+商品情報]

■品番|94787 ■内容量|1,241g(参考) ■製造者|コストコホールセールジャパン ■原産国|カナダ ■保存方法|要冷蔵4℃以下 ■消費期限|加工日の2日後 ■原材料|ロブスター爪、食塩