コストコの骨付き豚すね肉『アイスバイン』は熟成されたうまみが極上

コストコで販売されている米久『アイスバイン』はご存知でしょうか。

骨付きの豚すね肉を塩漬けにして、じっくり火を通したもの。熟成された豚肉の、濃厚なうまみを楽しめます。そのまま食べてよし、煮込み料理に使ってよし。年末年始のごちそうメニューとしてご活用ください。

米久|アイスバイン|1,688円

こちらがコストコの加工肉コーナーで販売されている米久『アイスバイン(Eisbein)』(品番:28059)。1パック800gで、お値段は1,688円(税込)です。国産豚の骨付きすね肉を塩漬にして、真空調理でじっくり火を通したもの。製造は米久ケンコーハムで、カロリーは100gあたり206kcal(脂質 13.2g、炭水化物 0.2g)。

ちなみにアイスバインはドイツ伝統の豚肉料理。コストコでは年末になると登場する商品ですね。そのままでも食べられますし、ポトフなどの煮込み料理に使ってもよしです。本品と他の豚肉食材をまとめた『シュークルート アソートセット』なんかも見かけたりしますよ。

豚肉のうまみ濃厚で塩味はしっかりめ

今回はそのまま食べる場合をご紹介します。

冷蔵庫から出した状態は脂も固まっているので、まずは軽く温めましょう(パックされた状態で湯煎すればOK)。そして、肉を骨から切り分けていきます。表面の脂身を削ぎ落とすと、きれいなピンク色の赤身が登場。中心部まで均一な仕上がりです。

アイスバインをパクついてみますと、食感はむっちりとしつつも、繊維に沿ってホロホロとほぐれていく…歯ごたえと柔らかさが同居している感じ。そして、熟成されて豚肉のうまみが濃厚!

ただ、塩味がけっこうしっかり入っているので、単体でもりもり食べるという感じではありません。

付け合せ(今回はザワークラウト、じゃがいも、アスパラガス、にんじん)と一緒にいただくのがおすすめです。バランスのよい味加減になり、各具材とのマリアージュを楽しめますよ。

残ったら、サンドイッチの具材として活用しましょう。ハムの代わりに使えばゴージャス感は満点。バゲットの小麦粉の風味との相性は抜群ですよ~。

*    *    *

今回はそのまま食べる方法を紹介しましたが、『アイスバイン』は煮込み料理に使うのもアリです。その場合は『シュークルート アソートセット』の記事などを参考にしてみてください。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|28059 ■内容量|800g ■カロリー|100gあたり206kcal(脂質 13.2g、炭水化物 0.2g) ■製造者|米久ケンコーハム ■保存方法|10℃以下で保存 ■原材料|豚骨付きすね肉(国産)、食塩、砂糖、香辛料/調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)