コストコのカニまるごと『ボイルダンジネスクラブ』はどうなの? 味や食べ方をチェックしてみた

コストコで販売されている『ボイルダンジネスクラブ』はご存知でしょうか。

「ダンジネスクラブ」はアメリカでよく食べられているカニです。まるごと茹でて冷凍した輸入品。身はほんのり甘く、うまみも十分! サラダやサンドイッチにしてもおいしいですよ~。

Pacific Seafood|ボイルダンジネスクラブ|1,880円

こちらがコストコの冷凍魚介コーナーで販売されているPacific Seafood(パシフィックシーフード)の『ボイルダンジネスクラブ(SEAROCK WHOLE COOKED DUNGENESS CRAB)』(品番:94763)。塩ゆでしたカニが1匹まるごと入って、お値段は1,880円(税込)です。カロリーは1匹(可食部85gの場合)あたり90kcal(たんぱく質 19g、脂質 0g、炭水化物 1g)。

「ダンジネスクラブ」は、アメリカでよく食べられているカニ(イチョウガニの仲間)。Pacific Seafood(パシフィックシーフード)のブランド・SEAROCK (シーロック)の商品をコストコが輸入したもの。

解凍方法は?

解凍方法は、基本的には冷蔵庫で一晩置いておく感じです。急ぎの場合は、茹でる、蒸す、220℃のオーブンで温める、といった方法で。内臓部分が痛みやすいので、常温で長時間放置するのは厳禁。

甲羅部分を手でバリッと剥がしたら、まずエラ(白い棒状のもの)を捨てましょう。カニ味噌もいちおう食べられますので、お好みでどうぞ(冷凍ものなので味はそこそこ)。身を水洗いし、両手で持って、バキッと2つに割り、脚を1関節ずつ折り取ります。

脚の殻をペンチで割るか、キッチンばさみでカットし、身を取り出していきます。

どんな味?

1匹から取れたカニ肉の量はこれくらい。意外に取れたな、という印象。しっとりとして柔らかな食感で、ほんのりと甘く、カニらしいうまみは十分! 塩味が軽く効いていますね。

レモンを絞っていただくと、口当たりがさっぱりとしつつ、甘みをより感じられるようになりますよ。

サンドイッチの具材にもなります。ダンジネスクラブ、スライスオニオン、ゆで卵を、レモン汁とマヨネーズで和え、粗挽き胡椒を振りかけてパンに挟みました。カニ肉はマヨネーズと相性がいいですね~。玉ねぎと胡椒のアクセントが食欲をそそります。

こちらはアボカドとカニのサラダ。ポン酢、ごま油、わさびで和風の味付けにしましたが、これは正解! ごま油のコク、わさびのピリッとする刺激が、カニ肉をより奥行きのある味わいにしてくれます。

*    *    *

『ボイルダンジネスクラブ』は、さばくのが手間ですが、イベント性があって楽しい一品。ズワイガニやタラバガニほどの特別感はないものの、食卓をしっかり盛り上げてくれますよ。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|94763 ■内容量|1匹 ■カロリー|1匹(可食部85gの場合)あたり90kcal(たんぱく質 19g、脂質 0g、炭水化物 1g、ナトリウム 320mg) ■製造者|Pacific Seafood ■原産国|アメリカ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|要冷凍-18℃ ■原材料|かに(アメリカ産)、食塩