コストコの2kg超『冷凍オーガニックグリーンピース』はどうなの? 風味・食べ方・コスパをチェックしてみた

コストコで販売されている『オーガニックグリーンピース』はご存知でしょうか。

アメリカ産のグリーンピースを冷凍したものがたっぷり2.26kg。豆ごはんやポタージュなど、いろいろな料理に活用できます。ほんのり甘くてホクッとした食感。皮は柔らかで、クセは少なく、食べやすいですよ。

コストコ|オーガニックグリーンピース|1,198円

こちらがコストコのPB「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」の冷凍野菜『オーガニックグリーンピース(ORGANIC GREEN PEAS)』(品番:1215097)。2.26kg入りで、お値段は1,198円(税込)です。ラベルに記載されているカロリーは、1食(97g)あたり80kcal(脂質 1g、炭水化物 13g)です。100gの場合は82kcalほどという計算になりますね。

アメリカ産の有機野菜を冷凍したもの。同様のPB商品として、『オーガニックミックスベジタブル』(にんじん、とうもろこし、グリーンピース、いんげん)も見かけますよ。

調理方法は?

沸騰したお湯に、凍ったままのグリーンピースを入れ、再沸騰させます。途中でかき混ぜながら5~6分間加熱すればできあがり。いろんな料理へと活用しましょう。

どんな味?

茹で上がったグリーンピース。鮮やかな黄緑色が美しいですね。このままパクっといただいてみますと、歯ごたえはホクッとして皮が柔らか、ほんのりとした甘みを感じます。グリーンピースといえば皮が硬くて中が水っぽく、独特の青臭さがあったりするイメージですが、本品の場合はそういう傾向がなくて。かなり食べやすいように感じます。

これを使って豆ごはんを作ってみました。炊飯器に米と水を通常の分量入れ、さらに茹でたグリーンピース、日本酒、昆布、塩を加えて炊くだけ。

グリーンピースはよく火が通って、食感柔らか。ホクホク感も残っています。ほんのり甘く、クセは少なく、お米と調和していて、かなり食べやすく仕上がりました。というか、普通においしい!

こちらはグリーンピースのポタージュスープ。

フライパンでバターを溶かし、玉ねぎ、茹でたグリーンピースを炒め合わせ、チキンブイヨン(などのダシ)と水を加えてフタをし、10分程度煮込みます。冷ましてからミキサーでペーストに。それを鍋に取り分け、牛乳を加えて加熱しながらよくかき混ぜ、塩こしょうで味を整えてできあがり。

グリーンピースらしさを感じさせつつ、とがったクセはないので飲みやすい。うまみがしっかり効いた、ナイスなポタージュですよ~。

コスパは?

「冷凍グリーンピース」って、実は一般のスーパーではあまり見かけない商品なんですよね(グリーンピースが入った「冷凍ミックスベジタブル」は定番だけど)。

ただ、探してみると、いくつか取り扱っているところがありました。それらと比べて、コストコの『オーガニックグリーンピース』はお買い得なのでしょうか。そこで、100gあたりのコスパを算出してみました。とはいえ、原産地が異なっていたり、オーガニックじゃなかったりするので厳密な比較とは言えませんが、目安として参考にしていただければ。

  • コストコ『オーガニックグリーンピース』……100gあたり約53円
  • スーパーA『グリンピース』……100gあたり約40円
  • スーパーB『オーガニックグリーンピース』……100gあたり81円
  • 輸入食品店C『グリーンピース(大粒)』……100gあたり72円

スーパーAの『グリンピース』が100gあたり約40円と格安でした。コストコ版は、それには及ばないものの、「オーガニック」であることを加味すれば、十分にお買い得と言えそうです(スーパーBの『オーガニックグリーンピース』と比べると35%も割安)。

*    *    *

『オーガニックグリーンピース』は、2kg超もありますが、豆ごはんやポタージュなど、主役として使えばけっこう消費できちゃいます。ぜひ一度試してみてください。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|1215097 ■内容量|2.26kg ■カロリー|1食(97g)あたり80kcal(たんぱく質 5g、脂質 1g、炭水化物 13g、食塩相当量 0.03g) ■原産国|アメリカ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|有機グリーンピース