コストコの『冷凍ボイルロブスター』は殻ごとカット済みで見栄えゴージャスな料理が作れる

コストコで販売されている『冷凍ボイルロブスター』はご存じでしょうか。

ハーフカットされたロブスターが5尾分入っています。殻ごと調理する香草パン粉焼きや、ソテーしてパンに挟むロブスターサンドイッチなど、ゴージャス感のある、写真映えする料理を作るのにうってつけですよ。

コストコ|冷凍ボイルロブスター|9,380円

こちらがコストコの冷凍魚介コーナーで販売されている『冷凍ボイルロブスター(Frozen Boiled Lobster half cut)』(品番:94302)。ハーフカットされたロブスター(オマール海老)が5尾分入って、お値段は9,380円(税込)です。

コスパ(単価)は1尾あたり1,876円。ハーフカット1つで938円。カロリーは100gあたり86kcal(脂質 0.4g、炭水化物 0.0g)。

製造者はサンクで、ナビミア産のロブスターを使用しています。ちなみに、ツメの部分はカットされていて入っていません。編集部で計量してみたところ、全体で1,304gありました。1尾あたりは261gほどですね。

解凍方法は?

凍ったロブスターをバットに並べてラップ、またはビニール袋に入れて、冷蔵庫にて12~18時間程度解凍します。

解凍が進むとこんな感じ。ドリップが出るので、冷凍庫内がびしょびしょにならないようお気をつけて。パッケージのラベルの指示に従い、加熱調理して食しましょう。

肉厚でむちっとした食感を楽しめる

殻と身の間にフォークなどを差し込み、身を剥がしていきます。その際、背わたも取っておきましょう。取り出してしまうと、1尾分ってけっこう少ないですね~。

適当な大きさにカットして、酒、塩胡椒をふりかけ、オリーブオイル+バターでソテー。

それをバゲットに挟めば、ロブスターサンドのできあがり。見た目のゴージャス感がたまりません。厚みのある肉は、むちっとした歯ごたえ。噛むごとに、ほんのり甘みとうまみを感じさせてくれます。

こちらは、いわゆる香草パン粉焼き。半身のロブスターに香草パン粉(パン粉、パセリ、粉チーズ、シーズニング、バターを混ぜ合わせたもの)を盛り付け、200℃のオーブンで20分ほど焼きました。いかにもごちそうって感じのビジュアルですね~。

お好みでレモンを絞りましょう。尾の肉はほろっとほぐれます。ただ、あまりジューシー感はなく、パサッとしている印象で、味のほうはまあまあといったところ。香草パン粉がこうばしさとうまみをガッツリと足してくれるので、それなりに満足感は得られます。

*    *    *

『冷凍ボイルロブスター』は、映える料理を作れるのが一番の推しポイント。ただ、味のほうはそこそこで、期待したほどではない感じ(料理の方法によるかもしれませんが)。身を食べたあとに残った殻や頭は、ビスクやアメリケーヌソースの材料として利用することができますよ。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|94302 ■内容量|5尾(10ハーフ)、1,304g(参考) ■カロリー|100gあたり86kcal(たんぱく質 20.9g、脂質 0.4g、炭水化物 0.0g、食塩相当量 0.9g) ■製造者|サンク ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|ロブスター(ナミビア共和国)(えびを含む)