コストコの『生食用ボイル甘えび(冷凍1kg)』は解凍してすぐサンドイッチやサラダに使えてベンリ

コストコで販売されている『生食用ボイル甘えび(1kg)』はご存じでしょうか。

解凍すればそのまま食べられます。ホロホロ食感で、甘えびのうまみもしっかり感じられます。サラダやサンドイッチ、さらにはパスタの具材など、いろいろな料理を楽しめますよ。

ロイヤルグリーンランドジャパン|生食用 ボイル甘えび(1kg)|1,880円

こちらがコストコの冷凍魚介コーナーで販売されている『生食用ボイル甘えび』(品番:94781)。1kg入りで、お値段は1,880円(税込)です。100gあたりのコスパ(単価)は188円。また、カロリーは100gあたり75kcal(脂質 0.5g、炭水化物 0.2g)。

グリーンランド産の甘えびをボイルし、殻を剥いて冷凍したもの。輸入者はロイヤルグリーンランドジャパンです。

解凍方法は?

解凍すればそのまま食べられる「生食用」。パッケージのラベルによると解凍方法は「冷蔵室の中で5-8時間程度」か「表面の氷がとれる程度にさっと水洗いしてから、ビニール袋に入れ、流水ですばやく解凍」の2種類。

やはり、じっくり解凍したほうが味や食感がいいですね。時短解凍だと、水っぽくなったり、ドリップ臭を感じたりしがち。気になる場合は加熱調理に使うとよいでしょう。

ホロホロ食感と甘えびらしいうまみ

解凍したボイル甘えびをサニーレタスの上にのせれば、小エビのサラダのできあがり。このボイル甘えび、柔らかくてホロホロとした食感です。ほんのり塩味がついていて、甘えびらしいうまみも感じられますよ。

ボイル甘えびとゆで卵、ブロッコリーのサンドイッチ。柔らかな甘えびが粗く刻んだゆで卵と一体となって、食感がいいですね~。

マヨネーズ、黒胡椒による味付けも相性良好。1cmサイズにカットしたブロッコリーのシャキシャキとした歯ごたえも、ナイスなアクセントになります。

こちらはパスタの具材として活用。急速解凍したボイル甘えびも、さっと炒めれば水っぽさが解消され、ドリップ臭も飛んで、まったく気になりません。純粋に、料理のおいしさアップに貢献してくれる存在となりますよ。

*    *    *

『生食用ボイル甘えび』は、解凍すればそのまま使えるので、サラダなどの用途におすすめ。コストコでは冷凍ゆでえびが何種類か販売されていますが(『むきえび 100-200 尾無し』『むきえび 50-70 尾無し』など)、加熱調理用なんですね。生食用の本品は、貴重な存在ですよ。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|94781 ■内容量|1kg ■カロリー|100gあたり75kcal(たんぱく質 17.5g、脂質 0.5g、炭水化物 0.2g、食塩相当量 1.6g) ■原産国|デンマーク(グリーンランド) ■輸入者|ロイヤルグリーンランドジャパン ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|甘エビ、食塩