業務スーパーの『牛肉コロッケ』はほっくり食感で手堅い旨みのコスパおかず

業務スーパーで販売されている『牛肉コロッケ』をご存じでしょうか。

国産じゃがいもとオーストラリア産牛肉を使用した冷凍コロッケです。肉の旨味よりはマッシュポテトのほっくり感が際立った地味な味わい。個性は弱いですけど、無難にチョイスしやすい家庭的なおいしさですよ。

業務スーパー|牛肉コロッケ|170円

業務スーパーにて170円(税込、税抜158円)で販売中です。冷凍コロッケが5個入って、内容量は400g。カロリーは100gあたり164kcal(脂質 3.0g、炭水化物 28.7g)。販売は神戸物産、製造はサンヨー食品。

コスパ(単価)は100gあたり約43円、1個あたりは34円。業スーのコロッケ類は『ミートコロッケ』(600g・213円・約36円/100g)『牛すじコロッケ』(800g・321円・約40円/100g)といった商品がラインナップされており、それらとほぼ横並びのコスパ感になります。

調理方法は170℃程度の油で本品1~2枚ずつを7分ほど揚げるだけ。厚みがあるせいか、ちょい長めの調理時間になっています。味付けは薄めなので、別途ソースなどの調味料を足す前提の商品です。

業スーのコロッケ類のなかでも厚みがあり、どっしりした食べごたえ。

基本的にはほっくりしたじゃがいもがメインで、牛肉の存在感は弱めです。ほとんど食感はなく、ほんのり旨味を感じる程度。醤油などを足してはいるものの、単品だとかなり地味な味わいですね。

パン粉メインの衣のサクサク感は十分ですし、特に気になる欠点も見当たらず、全体的には平均点のクオリティ。ただ、商品名のわりに肉の主張が弱すぎて肩透かし感は否めません。

味付け次第といった感は強いものの、チープさはないのでチョイスしやすい一品。コスパ重視で食べごたえのあるご飯おかずを確保したい時にどうぞ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 国産じゃがいもと豪州産牛肉を使用したシンプルな冷凍コロッケ
  • 肉の旨味と醤油で支えた、味付け必須の地味な味わい
  • 食べごたえのあるサイズとほっくり食感は及第点で、おかず用途には無難に使える
  • クオリティは大差ないので、コスパを重視するなら『ミートコロッケ』(600g・213円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|400g(5個入) ■カロリー|100gあたり164kcal(たんぱく質 5.5g、脂質 3.0g、炭水化物 28.7g、食塩相当量 0.7g) ■製造者|サンヨー食品 ■販売者|神戸物産 ■原材料|野菜[ばれいしょ(国産)、たまねぎ(国産)]、牛肉(オーストラリア)、砂糖、乾燥マッシュポテト、しょうゆ、粒状大豆たん白、マーガリン、香辛料、食塩、衣(パン粉、小麦粉、でん粉)/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、着色料(カラメル、カロチノイド)、香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆を含む)