コストコの『米国産チョイスビーフ ショートリブ(骨付きカルビ)』はどうなの? おいしい食べ方をチェックしてみた

コストコで販売されている『アメリカ産チョイスビーフ ショートリブ(骨付きカルビ)』はご存じでしょうか。

8mm厚のスライスで、真空冷凍されています。解凍して焼肉などに活用しましょう。柔らかくてうまみが深く、大満足の骨付き肉。バーベキューの食材にもうってつけですよ。

コストコ|アメリカ産チョイスビーフ ショートリブ(骨付きカルビ)|3,650円

こちらがコストコの冷凍肉コーナーで販売されている『アメリカ産チョイスビーフ ショートリブ(Frozen U.S Choice Beef Bone In Short Ribs)』(品番:98141)。いわゆる「骨付きカルビ」が1kgで、お値段は3,650円(税込)です。100gあたりのコスパ(単価)は365円。

ショートリブ(バラ肉)を、骨ごと8mm厚にスライスしたもの。ちなみに「チョイスビーフ」とは、アメリカ農務省(USDA)による格付けにおける4段階の上から2番めの「チョイス」グレードのことです。

解凍方法は?

冷蔵庫に一晩置けば解凍できます。ゆっくり時間をかけることで、ドリップが少なくて済みますよ。

たれに漬け込んで焼肉にする

食べ方としては、やはり焼肉が定番でしょう。解凍したショートリブを焼肉のたれとともにポリ袋に入れて揉み込んでから、冷蔵庫で3時間ほど馴染ませます。

それをフライパンで焼くだけ! 片面を2分ほど焼き、ひっくり返してさらに2分。薄いので、わりと早く火が通ります。バーベキューで網焼きにしてもいいですね。

焼き上がったら、キッチンばさみなどでカットし、盛り付けてできあがり! 付け合わせにはグリル野菜が合います。今回はとうもろこし、ズッキーニ、トマト、ねぎ。別のフライパンでしっかり火を通しておきました。

このショートリブ、すごく柔らかくて噛み切りやすいですよ。肉と脂とスジっぽい部分が入り交じっていて、噛むごとにうまみや甘みが広がってきます。甘辛いたれがよく馴染んで、実に美味です。手で掴んでワイルドにかぶりつき、骨の周囲も残さず食いちぎりましょう。

煮込み料理にも使える

煮物もアリですよ。こちらは肉じゃが。保温調理器(シャトルシェフ)を使って長時間加熱を行いました。肉はホロホロだし、脂も適度に落ちていて食べやすい! 焼肉に飽きたら、ぜひお試しください。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『アメリカ産チョイスビーフ ショートリブ(骨付きカルビ)』は、可食部100gあたり371kcal(たんぱく質 14.4g、脂質 32.9g、炭水化物 0.2g、食塩相当量 0.1g)となっています。全体(1kg)では、単純計算で3,710kcalとなりますが、骨など不可食部があるため、実際の数字はもっと少ないでしょう。お召し上がりの際の目安にしてください。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|98141 ■内容量|1kg ■カロリー|可食部100gあたり371kcal(たんぱく質 14.4g、脂質 32.9g、炭水化物 0.2g、食塩相当量 0.1g) ■加工者|ナチュラリズム ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|牛肉(米国産)