コストコ『玄米キヌア巻き』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック!

コストコのお寿司コーナーで見かける、ぎゅうぎゅうパッケージングの『玄米キヌア巻き』。太巻きっぽいのが3本、息苦しそうに身を寄せ合う様はまさにすし詰め状態。

玄米、(スーパーフードとして知られる)キヌアなどの素材でヘルシー感を出す一方で、暴力的なボリューム感にちょっと引く……かもしれませんけど、大人数が集まる食卓でちょうどいい食材かと思います。とろサーモン、まぐろ、カニカマ(!)、どれもみんな好きそうですしね!

コストコ|玄米キヌア巻き|1,380円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコPB食品『玄米キヌア巻き』。お値段は1,380円(税込)です。見た感じはゴマまみれで何も巻いているようには見えないような?(カリフォルニアロール系) 押し込まれた感がすごいですよね。これほんと重いっす……。全部で1キログラム超はありますね。

キヌア感は微妙? でもゴマ食感とたっぷり具材は満足度高いよ!

高栄養価食材のスーパーフードとして人気のキヌアを、酢飯にした玄米に混ぜ込んだ巻きずしというところ。ヘルシー感がハンパありませんし、ボリューム感もハンパありません。海苔が内側になっている、いわゆるカリフォルニアロールですね。

海鮮サラダ巻(カニカマ)、サーモン巻、ピリ辛マグロ巻の3種類でワンセットです。それぞれのお味をチェック!

海鮮サラダ巻

海鮮サラダ巻の外周は赤い魚卵(とびっこ?)のトッピングで、海苔の内側には太いカニカマとアボカドが入っています。とびっこのプチっと食感とアボカドのねっとりとした果肉の味わい愉しむ感じ。無難なお味ですね。

すべてのキヌア巻に共通するのですが、酢飯部分は玄米だけに、水分や粘りけは少なめでバラけやすく、食感はややかためです。なので手に持って直接食べるよりは、お皿の上に置いて、箸などで一口分ずつ口に運んだほうがいいかもしれませんね。

ちなみに重さを量ってみると約54グラム。このくらいの重量感の太巻きが24個ほどあるわけです。

サーモン巻

サーモン巻の外周はごまで、香ばしさと歯ごたえが楽しいです。具はサーモンとアボカド。このサーモンがすごくトロっとしていて、口のなかで溶けていく!……という感じでしたが、このあたりは鮮度が関係しそう。なるべくお早めに食べるようにしましょう。

ピリ辛マグロ巻

ピリ辛マグロ巻も外周はごまで、具がマグロとアボカドになっています。マグロは漬けなんですが、ピリ辛成分はワサビではない感じ。これは唐辛子系かな? 辛みは強めで美味しいのですが、子どもが知らずに食べたらちょっと驚くかもしれませんね。

*    *    *

『玄米キヌア巻き』はかなりパーティー食材に向いた商品かと思います。大きなお皿に盛り付けたら見栄えがいいですし、3種類というそれなりのバラエティ感もいいですし(3つとも食べてみたくなる?)、腹持ちもよい。総合的に満足度の高い食材といえるでしょう!

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|95967 ■製造者|コストコホールセールジャパン ■保存方法|4℃以下で要冷蔵 ■原材料|海鮮サラダ巻(玄米酢飯(国産米使用)、海鮮サラダ、アボカド、カニカマ、その他)、サーモン巻(玄米酢飯(国産米使用)、サーモン、アボカド、その他)、ピリ辛マグロ巻(玄米酢飯(国産米使用)、まぐろ加工品、アボカド、その他)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘多糖類、セルロース、pH調整剤、酸化防止剤(V.C、V.E)、香料、酒精、着色料(赤3、アナトー、黄4、黄5、紅麹)、酸化剤、硫酸Na、チアミン、トレハロース、リン酸塩(Na)、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物、漂白剤(亜硫酸塩)、(原材料の一部に小麦・卵・ごま・いか・大豆を含む)