MENU

コストコの『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』はまさに威容! コク増しショートケーキ的な味わい

コストコで販売されている『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』をご存じでしょうか。

イチゴシューが山盛りというちょっとした威容を誇る(?)スイーツです。そんな見た目のインパクトにわりには、コク深いイチゴのショートケーキって感じで、よくまとまった味なんですよねぇ。

目次

『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』の価格は?

コストコのプライベートブランド「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」の大型スイーツ『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』は2,480円(税込、品番 93557)。

以前にご紹介した「プリンスコップケーキ」のようにプチシューが山盛り……見た目だけお腹がいっぱい&血糖値が上がりそうなスイーツですね〜。

『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』の内容量・サイズは?

約33×17×8cmの大型容器にたっぷり! 内容量は約1,200g(編集部計測)、やっぱり余裕の1kg超えの重量級です。100gあたりの単価(コスパ)は約207円です。

ちなみに、単純な比較はできませんが、「プリンスコップケーキ」が約112円/100g、似たタイプの「イチゴ&マスカルポーネホリデーケーキ」が約132円/100gだったので、『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』は割高に感じます。これも昨今の経済事情のせいなんでしょうねぇ……。

それにしてもこの見た目! イチゴのカットと岩のようなイチゴのプチシューが重々しくひしめく、赤のおしくらまんじゅう的スイーツ……!

『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』はどんな味?

食べる際は大型のスクーパーなどでガバ〜っとすくう感じでどうぞ。きれいにカットすることなんて無理なので、グラスカップなどに好きな量をよそっちゃえばいいと思います。

さて、そのお味のほうですが、ざっくり説明すると「コクのあるイチゴのショートケーキ」って感じかな。酸っぱめのジューシーイチゴとしっとり生地が好相性。派手な見た目のわりには(?)、まとまった味になっているんです。

マスカルポーネクリームは濃厚というほど目立つわけじゃないんですけど、確実にシャンティなどの甘みのコクを押し上げている感じ。そして、その甘さを、酸味がちなイチゴでちょうどよく中和しているイメージ。まさにイチゴのショートケーキのコク増しバージョンですね〜。

山盛りのストロベリープチシューは、淡めのイチゴ風味。味的にはイチゴの酸味やマスカルポーネクリームに埋没しがちかも。存在感はばっちりなんですけどね。

*    *    *

というわけで、『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』は、派手な見た目のわりには、意外と(?)バランスよくまとまった、濃厚イチゴショートケーキといったスイーツです。無難なタイプなので、ホームパーティーなど大勢で食べるスイーツとしても調達しやすいと思いますよ。

『イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ』のカロリーは?

気になるカロリーもチェックしておきましょう。

公称値は100gあたり235kcal(脂質 13g、炭水化物 25.9g)。1食あたり約70〜120gとした場合のカロリーは約165〜282kcalです。

商品の評価と詳細情報

イチゴ&シューのマスカルポーネケーキ
総合評価
( 4 )
品番93557
内容量1P
カロリー100gあたり235kcal(たんぱく質 3.7g、脂質 13g、炭水化物 25.9g、食塩相当量 0.12g)
製造者コストコホールセールジャパン
保存方法4℃以下で要冷蔵
原材料スポンジケーキ(国内製造)(卵、砂糖、小麦粉、その他)、いちご、乳等を主要原料とする食品、マスカルポーネチーズ、いちごシュークリーム、いちごソース、ナパージュ、砂糖、加糖卵黄、チョコレート、粉糖/トレハロース、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、加工澱粉、膨張剤、乳化剤、グリシン、着色料(紅麹、アントシアニン、ラック、カロチン)、ソルビット、酸化防止剤(V.E)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次