MENU

コストコの冷凍カニカマ『スケソウダラのすり身スティック』はどうなの? 風味・食感・料理方法をチェックしてみた

コストコで販売されている『スケソウダラのすり身スティック』はご存じでしょうか。

いわゆる「カニカマ」が1kg分入ってます。縦に裂けるし、ほんのりカニの風味もして、必要十分なクオリティ。冷凍タイプなので消費期限は長めです。必要な分だけ解凍して使えますよ。

目次

『スケソウダラのすり身スティック』の価格は?

こちらがコストコの冷凍魚介コーナーで販売されている『スケソウダラのすり身スティック』(品番:94394)。内容量1kgで、お値段は1,380円(税込)です。

アラスカ産のスケソウダラを使った練り物、いわゆる「カニカマ」ですね。販売者はトライデントシーフード・ジャパン、製造は万石の粒(トライデントシーフードの関連企業)。

『スケソウダラのすり身スティック』の内容量・コスパは?

1本の重量は30gほど。1袋に34本程度入っています。コスパ(単価)は1本あたり約41円、100gあたり138円。売り場では、すぐとなりで本物の冷凍カニ肉を売っていたりしますが(『ボイルずわいがに(1kg)』が今や8,880円……)、本品ならその6分の1以下で買えちゃいます(当たり前ですが……)。

『スケソウダラのすり身スティック』の解凍方法は?

必要な分だけ取り分け、ラップをして冷蔵庫で自然解凍。お急ぎの場合は室温解凍でもよいでしょう。水を使うと、水っぽくなるのと、表面の赤色がどんどん取れていくので、あまりおすすめできません。

『スケソウダラのすり身スティック』はどんな味?

縦の繊維に沿ってほぐれていきます。柔らかな食感で、味つけは甘め。魚介の香りとカニっぽい風味が軽く感じられます。クオリティとしては、普通のカニカマレベルですかね。

カニカマは、日常の食材としてアレンジの幅が広く優秀です。今回は、以前『マツコの知らない世界』で紹介されていた「カニカマ&メンマ」を作ってみました。カニカマとメンマ、白髪ネギをごま油とこしょうで和えるだけ。簡単ですが、止まらない味ですよ〜。

ラーメンの具材にも便利。横にカットしてゴロッとしたかたまりにすると、見た目にも映えます。魚肉なのでヘルシー感がありつつ、それなりに食べごたえも出せるのがいいですね。

『スケソウダラのすり身スティック』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『スケソウダラのすり身スティック』は100gあたり86kcal(たんぱく質 9.3g、脂質0.4g、炭水化物 11.2g、食塩相当量 1.6g)。つまり1本(30g)なら約26kcalという計算になりますね。お召し上がりの際の参考にしてください。

商品の評価と詳細情報

スケソウダラのすり身スティック(1kg)
総合評価
( 4 )
品番94394
内容量1kg
カロリー100gあたり86kcal(たんぱく質 9.3g、脂質0.4g、炭水化物 11.2g、食塩相当量 1.6g)
製造者万石の粒
販売者トライデントシーフード・ジャパン
保存方法-18℃以下で保存
原材料すけそうだら(アメリカ)、卵白、砂糖、食塩、魚醤、発酵調味料、かにエキス、デキストリン、食用植物油脂/加工デンプン、トレハロース、調味料(有機酸等)、香料、トマト色素、乳化剤、パプリカ色素、(一部に小麦・卵・かに・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次