MENU

コストコの『ペリペリチキンラップ』は激辛そうに見えるけど? アフリカ風タンドリーチキン的なおいしさ

コストコで販売されている『ペリペリチキンラップ』はご存じでしょうか。

「ペリペリ」って、南アフリカで唐辛子を意味するんだとか。つまりピリ辛チキンのラップサンドです。ピンク色のトルティーヤも華やか(ビーツ由来なのでこちらは辛くない)。さっぱりと食べられるので、小腹満たしにうってつけですよ。

目次

『ペリペリチキンラップ』の価格は?

こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている『ペリペリチキンラップ(PERI PERI CHICKEN WRAP)』(品番:96834)。ピンク色のラップサンドが5つ入って、お値段は1,580円(税込)です。1つあたりのコスパ(単価)は316円。

ペリペリ……?

「ペリペリ(PERI PERI)」は、南アフリカで唐辛子を指す言葉だそう。「ペリペリチキン」は、「ペリペリソース」に鶏肉を漬け込んでグリルしたもの。日本国内でも、専門店が増えつつあるようですね(全然知りませんでした…)。

また、本品はトルティーヤが華やかなピンク色! こちらはビーツ由来だそう。トルティーヤ自体は辛くないのでご安心ください。

『ペリペリチキンラップ』の重量は?

編集部で計量してみたところ、5つで816gほどありました。つまり、1つあたり平均163gといったところ。『メキシカンサラダラップ』(1つ203g)と比べるとやや軽め。また、コスパについては『メキシカンラップ』の116円/100gに対し、本品は194円/100gと、67%も割高のようです。

『ペリペリチキンラップ』はどんな味? 辛いの?

ペリペリソースをまとったチキンは、言わばアフリカ版タンドリーチキンといったところ。ピリピリとした辛味があり、うまみも効いています。チキン自体は淡泊ですが、ピリ辛な味付けが食欲をそそります! ちなみにトルティーヤは、色が目を引きますが、味に関しては特に変わったところはなさげ。

レタス類のシャキシャキとした食感が小気味いい。内側には、マヨ系ドレッシングを絡めた野菜類(キャベツ、ニンジン、赤玉ねぎ)が。そのジューシー感が、パサつきがちのチキンを補ってくれます。味わいに奥行きが出て、のどごしも滑らかに!

*    *    *

『ペリペリチキンラップ』は、ピリ辛感が心地よく、野菜類のボリューム感もうれしい。さっぱりとしており、食べごたえとしても重くないのがいいですね。買い物帰りの軽食にはうってつけです(『メキシカンサラダラップ』に比べて割高感はありますが……)。

『ペリペリチキンラップ』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『ペリペリチキンラップ』は100gあたり139kcal(たんぱく質 10.5g、脂質 5.5g、炭水化物 12.2g、食塩相当量 0.79g)です。つまり全体(816gの場合)では1,110kcalという計算になります。1つ(163gの場合)食べると227kcalですね。お召し上がりの際の目安にしてください。

商品の評価と詳細情報

ペリペリチキンラップ
総合評価
( 4.5 )
品番96834
内容量5P、816g(参考)
カロリー100gあたり139kcal(たんぱく質 10.5g、脂質 5.5g、炭水化物 12.2g、食塩相当量 0.79g)
製造者コストコホールセールジャパン
消費期限加工日の翌日
保存方法要冷蔵4℃以下
原材料味付鶏肉(国内製造)(鶏肉、植物油脂、唐辛子末、その他)、ビーツトルティヤ(小麦粉、ショートニング、砂糖、その他)、レタス、野菜ミックス(キャベツ、ニンジン)、ソース(玉ねぎ、サラダ用調味料、植物油脂、異性化液糖、水あめ、ぶどう酢、その他)、赤玉ねぎ、麦芽糖調製品/加工澱粉、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類、アルギン酸Na)、膨張剤、pH調整剤、乳化剤、酢酸Na、グリシン、調味料(核酸)、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・ゼラチン・大豆・鶏肉・りんごを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次