MENU

コストコの『ベルギーチョコレート アソートボックス』の2023年版はどう? 18種類やコスパをチェックしてみた

コストコで販売されている『ベルギーチョコレート アソートボックス』、今年も登場していますね。

例年異なるデザインで展開される、ギフト感あふれるチョコボックスです。2023年版のフレーバー18種類やコスパをチェックしてみましたよ。

目次

『ベルギーチョコレート アソートボックス』の価格・内容量は?

コストコのプライベートブランド「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」のチョコアソート『ベルギーチョコレート アソートボックス(*)』は2,789円(税込、品番 869351)。例年登場する定番のリボン付きチョコアソートですね。

*英語表記「Belgian Luxury Chocolates(ベルジャンラグジュアリーチョコレート)」

『ベルギーチョコレート アソートボックス』は毎年異なるボックスデザインで展開されていますが、2023年はレッド、オフホワイト、ダークグリーンの3色、流星のデザインとなっていました。

内容量は570g、18種類、計46個入り。1個あたりの単価(コスパ)は約61円です。ちなみにここ数年では2022年が2,348円、2021年が2,078円……じわじわと値上げとなっています。昨年比では2割近いプライスアップ……!

チョコはいずれもこんな感じのひとくちサイズです。

『ベルギーチョコレート アソートボックス』の種類は?

18種類の構成はどうも2022年版と同じみたいですね。いずれも確かな旨みを持ったチョコとフィリングの組み合わせ。バラエティ感があって楽しいわけです。

写真はロンデーロ、ココアビーン、ダークサンバ、キャラメルエクリプス、マノンバニラ、マノンコーヒー。濃厚とろ〜りなキャラメルフィリング入りの「キャラメルエクリプス」(写真奥)が印象深いかなぁ。

こちらはマノンダーク、メダイヨンダーク、ミルクヌガーハート、インゴット、ホワイトピスタチオミニョン、ホワイトシトラスサークル。いわゆるジャンドゥーヤの「インゴット」(赤紙)や、柚子とレモンの柑橘フレーバーが濃い「ホワイトシトラスサークル」(写真奥)あたりを推しておきたいところ。

こちらはペカンボンボン、タンゴティラミス、ストロベリーデリス、キャラメルパレット、ビンテージレース、スパイシーオレンジドーム。オレンジピール的なほろ苦甘酸っぱさの「スパイシーオレンジドーム」(右奥)が個性的ですね〜。

というわけで、2023年版の『ベルギーチョコレート アソートボックス』、買って安心の良品です。個性的なおいしさの18種類46個が詰め込まれ、自宅用でも手土産用にもチョイスしやすいですよ。まぁ、年々値上げになっているのは痛いですけど……

『ベルギーチョコレート アソートボックス』のカロリーは?

いちおうカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり521kcal(脂質 32.9g、炭水化物 49.7g)。いちどの推奨量である2個(28g)あたりでは150kcalです。確かにお好きなものを2個選んで「今日の分はおしまい」とするのが賢明でしょう。ご参考に。

商品の評価と詳細情報

KS ベルギーチョコレート アソートボックス
総合評価
( 4.5 )
品番869351
内容量570g(46個入り)
カロリー100gあたり521kcal(たんぱく質 5.4g、脂質 32.9g、炭水化物 49.7g、食塩相当量 0.2g)
原産国ベルギー
輸入者コストコホールセールジャパン
賞味期限(参考)2024年3月13日(23年8月下旬購入)
原材料ミルクチョコ(砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター)、ダークチョコ (カカオマス、砂糖、バターオイル、ココアバター)、ホワイトチョコ(砂糖、ココアバター、全粉乳)、砂糖、植物油脂、キャラメル、バター、ローストヘーゼルナッツ、ぶどう糖シロップ、カカオマス、クリーム、転化糖シロップ、りんごペースト、ココアバター、ぶどう糖、低脂肪ココアパウダー、牛乳、いちご、異性化液糖、キャラメル、ブラウニー、無脂肪牛乳、シロップ、バターワッフル、ローストアーモンド、カカオニブ、ヌガー、コーヒー、ピスタチオ、ベルガモットピューレ、メープルシロップ、クランブル(小麦粉、砂糖、バター、食塩)、ブラッドオレンジピューレ、ローストピーカンナッツ、レモンピューレ、香辛料、食塩、ゆずピューレ、バターオイル、砂糖漬けオレンジピール、カラメルシュガー、バニラビーンズパウダー/糊料(グリセリン、ソルビット、ペクチン)、乳化剤、香料、pH調整剤、酵素、膨張剤、(一部に乳成分・りんご・大豆・小麦・卵・アーモンド・オレンジを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次