MENU

コストコの『マダムピムのマンゴスチン』はどんなフルーツ? 食べ方・味わいをチェックしてみた

コストコで販売されている『マンゴスチン』はご存じでしょうか。

「フルーツの女王」とも呼ばれる果実で、タイからの輸入品。冷凍されていない「生」のマンゴスチンは、果肉のトロッとした舌触りと濃厚な甘み、上品な酸味を楽しめます。この時期だけの商品かと思われますので、見かけたときが買いどきですよ!

目次

『マンゴスチン』の価格や個数は?

こちらがコストコのフルーツコーナーで販売されている『マンゴスチン』(品番:551130)。内容量680gで、お値段は1,098円(税込)です。袋に付けられたラベルには、「タイ産 マダムピムのマンゴスチン Queen of Fruits」と記載されています。が、輸入者などは書かれていないので不明…(QRコードのリンク先はマンゴスチンの説明とタイ国大使館の情報のみ)。

「Queen of Fruits(フルーツの女王」と呼ばれるマンゴスチンは、東南アジアが原産。昔は冷凍ものしか輸入できなかったようですが、2003年に解禁され、検疫に合格すれば生のまま輸入できるようになったんだとか。

購入したものには、13個入っていました。1個あたり50gくらいの重量ですかね。紫色の丸っこい実に、大きなヘタがついています。

『マンゴスチン』の食べ方は?

指で押したときに皮がペコペコするものが食べごろ。ツメで切り込みを作って一周したら(ナイフを使ってもOK)、捻るようにして千切り開けることが可能。指先が赤い汁で染まりますのでご注意を。

5つほどの白い房が大小5つほど入っていました。この房は柔らかく繊細なので、取り出そうとするとグズグズになってしまいがち。なので、この状態で食べるのがオススメ。

『マンゴスチン』はどんな味?

果肉は柔らかくてねっとりとした舌触り。濃厚な甘さと、上品な酸味があります。フルーティでクセのない風味と、さっぱりとした後味。これは確かにおいしい!

ちなみに、大きい房にはタネがあることが多く、見た目ほどは食べごたえがありません。小さい房のほうがタネがなくて食べやすく、純粋に味を楽しめますよ。

生のまま食べられるコストコの『マンゴスチン』は、フルーツの女王と言われるだけあって、上品でとてもおいしいですよ~! ただし、食べられる部分がかなり少ないんですよね…。1個だけだともの足りなくて、2個3個と手が出ちゃいがち。

この時期にしか入荷しないフルーツと思われますので、気になる方は見かけたときに即ゲットすることをオススメします!

商品の評価と詳細情報

マンゴスチン
総合評価
( 4.5 )
品番551130
内容量680g
原産国タイ
原材料マンゴスチン
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次