MENU

業務スーパーの格安フレーバーコーヒー『バニラ』のおすすめ度は? 気になる味や香りをチェック

業務スーパーのインスタント飲料で『バニラフレーバーコーヒー』という商品はご存知でしょうか。

ベトナム産の豆から抽出したインスタントコーヒー粉末に、バニラ風味の香料を加えたフレーバー飲料です。ふんわり甘いバニラの香りは存分に楽しめますが、コーヒー自体の味わいは価格相応にチープ寄り。こだわり派の方には勧めづらいものの、ミルクを足してカフェオレ用途に飲むなら及第点かと思います。

目次

業務スーパー|バニラフレーバーコーヒー|213円

業務スーパーにて213円(税込)で販売中。内容量は50gで、熱湯140mlに対してティースプーン1杯(約2g)を目安に溶かすタイプのインスタントです。おおよそ25杯分は作れる計算ですね。よく一緒に販売されている『ヘーゼルナッツフレーバーコーヒー』(50g・213円)と同容量・同価格のシリーズ品になります。

蓋を開けた時点でバニラの甘ったるい香りが粉末から立ちのぼりますが、実際にお湯に溶かして飲めば、そこまで強烈ではない落ち着いたフレーバー感。まろやかで角のない、ふんわり甘~いバニラの風味が中心にある味わいです。ただ全体の輪郭は曖昧で、酸味とコクはほぼ感じず、バランスを取るようにほのかな苦味が後味に残る感じ。

コーヒーとしては軽すぎて、豆から淹れるタイプの方にはまずおすすめできない印象です。基本はミルクやコーヒーパウダーを足し、カフェオレ風に仕上げたいところ。優しいまろやかさに振り切って、チープさを気にせずに楽しむことができますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 約25杯分を1杯当たり8.52円で作れる、格安フレーバーコーヒー
  • ストレートにバニラの甘さが立ち、それ以外の要素は総じてライトで薄口寄り
  • ミルクを加えてカフェオレ風にすれば、バニラの甘さと優しい風味がマッチして飲みやすい
  • 全体のクオリティは『ヘーゼルナッツフレーバーコーヒー』とほぼ変わらないので、香りの好みで選べばOK

商品の評価と詳細情報

バニラフレーバーコーヒー
総合評価
( 2.5 )
内容量50g
カロリー1杯(約2g)当たり7kcal(合計175kcal)
原産国ベトナム
輸入者神戸物産
原材料コーヒー豆(生豆生産国名 ベトナム)/ 香料
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次