MENU

業務スーパーの『焼上ミニハンバーグ』はどうなの? 味・食感・コスパをチェックしてみた

業務スーパーの『焼上ミニハンバーグ』はどうなの? 味・食感・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『焼上ミニハンバーグ(お弁当用)』をご存じでしょうか。

鶏肉をメインに使用した冷凍ハンバーグです。ふたくち程度の大きさで、お弁当にぴったりのサイズ感。味も食感も正直安っぽいものの、とにかく格安で弁当おかずをストックしておきたい時には便利ですよ。

目次

価格・内容量は?

冷凍肉惣菜コーナーで見かける『焼上ミニハンバーグ(お弁当用)』は318円(税込、税抜295円)。内容量は900g、1個30gの冷凍ハンバーグが30個入り。販売者は神戸物産、製造者はノースイ食品。

最近の価格は?

『焼上ミニハンバーグ(お弁当用)』は比較的価格の安定した商品ですが、時期によっては変動もあるようです。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2021年10月318円(約11円/1個)30g×30個・900g
2024年01月397円(約14円/1個)30g×30個・900g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

コスパ(単価)は100gあたり約35円、1個あたりは約11円。『あらびきハンバーグ』(960g・408円・約43円/100g)と並んで、業スーハンバーグのなかでもトップクラスの手頃さです。ちなみにサイズ感の近い商品に『チーズソースハンバーグ』(500g・297円・約59円/100g)などがあります。

調理はレンチンで十分かも?

調理は耐熱皿に移してラップをかけ、電子レンジ(500W)で6個あたり3分40秒ほどチンするだけ。フライパン調理でもOKです(中火で約1分+裏返してフタをして弱火で6分ほど蒸し焼き)。

仕上がりは大差ないので、手軽なレンジ調理がおすすめですね。

だいぶチープな……?

鶏肉をメインに牛豚肉を合わせたミニハンバーグです。

肉の旨味はあっさり寄りで、クセのない素直な味わい。味付けも醤油と玉ねぎをほんのり感じる程度。良く言えば親しみやすい、悪く言えば平板で安っぽい印象ですね。価格相応のクオリティと言ってよいでしょう。

チーズ追加などがおすすめ

粗挽き感の弱いボソッとした食感も相まって、総合点はイマイチというところ。

ただ、素朴なぶんアレンジはしやすく、チーズを乗せたり煮込んだり照り焼きにしたりすれば、そこそこのおいしさになります。安さを最重視するなら選んでみてもよい一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 手頃な価格で30個も入った、鶏肉メインの冷凍ミニハンバーグ
  • 素朴な旨味とチープな食感で、そのままだと物足りないクオリティ
  • 何かしらアレンジを加えたくなるけど、小腹おやつや節約弁当作りには活用しやすい
  • 食べごたえを重視するなら『あらびきハンバーグ』(960g)がおすすめ

カロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

1個(30g)あたり46kcal(脂質 1.8g、炭水化物 3.7g)です。食卓的にはひとりのお皿に2、3個がちょうどよいかと思います。

商品の評価と詳細情報

焼上ミニハンバーグ(お弁当用)
総合評価
( 3 )
スクロールできます
内容量900g(30g×30個入)
カロリー1個あたり46kcal(たんぱく質 3.7g、脂質 1.8g、炭水化物 3.7g、食塩相当量 0.4g)
製造者ノースイ食品
販売者神戸物産
原材料食肉(鶏肉(国産)、牛肉、豚肉)、粒状大豆たん白、つなぎ(パン粉、小麦粉)、たまねぎ、しょうゆ、食塩、砂糖、香辛料/調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、紅麹、ラック)、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次