MENU

業務スーパーの『フォンダンショコラ カロリー&糖質オフ』はやっぱり味もオフ? 濃厚レベルを確認したところ……

業務スーパーで販売されている冷凍食品『フォンダンショコラ カロリー&糖質オフ』をご存じでしょうか。

人気スイーツ「フォンダンショコラ」の低カロリー版ですね。この手のものって味が劣りがちだったりしますけど、いったいどうなんでしょう。結論を言っちゃえば、やっぱり……濃厚!

目次

『フォンダンショコラ カロリー&糖質オフ』の価格・内容量は?

冷凍スイーツコーナーで見かける『フォンダンショコラ カロリー&糖質オフ』は429円(税込、税別398円)。内容量は2個入りで180g、1個あたり90g、単価は約215円。原産国はベルギー、輸入者は神戸物産です。

ちなみに本品、元祖「フォンダンショコラ」が有名ですよね。その低カロリー版という位置づけのようで。

一個のサイズはこんな感じ。小さくて物足りなくなりそう? でも、めっちゃ濃厚ですから……。

『フォンダンショコラ カロリー&糖質オフ』の作り方は?

調理は電子レンジ加熱でどうぞ。オフィシャルでは凍った状態で約1分間(500W)の加熱が推奨されていますが、よ〜く様子を観察しながら、必要に応じて加熱時間を調整しましょう。mitok編集部で試した感じでは、上部からチョコソースがあふれはじめるタイミングがよさげ。

『フォンダンショコラ カロリー&糖質オフ』はどんな味?

これは言われないと “カロリー&糖質オフ” 仕様のフォンダンショコラだとは気づかないでしょうねぇ。普通に濃厚なショコラスイーツです。

強いて本家「フォンダンショコラ」との違いを探ると、チョコの甘さやコクが抑えられており、スイーツ的な旨みでは劣る印象。このあたりが糖質オフによる影響なのかも?

とはいえ、ビター系とポジティブに捉えられる味だし、イヤな感じはありません。とろとろのショコラが舌に絡みついてきて、チョコの濃厚さをがっつり味わえますよ。

濃厚なので、1個でもなかなか……。紅茶あたりを用意して食べたいかも。

というわけで、この “カロリー&糖質オフ版フォンダンショコラ” 、本家と比べるとちょっと甘さを抑えたタイプくらいの認識でどうぞ。

『フォンダンショコラ カロリー&糖質オフ』のカロリーは?

気になるカロリーを確認しておきましょう。

1個(90g)あたり252kcal(たんぱく質 8.4g、脂質 12.1g、糖質 14.4g、食物繊維 26.4g)。本家「フォンダンショコラ」(約350kcal/1個)と比べるとカロリー約3割減なので、確かに商品名のとおりですね。

そして、それ以上に気になったのが食物繊維の多さ。26.4g!? 原材料の「ポリデキストロース」「イソマルト」あたりの添加によるものでしょうか。とくに「ポリデキストロース」は「食品中の油脂や砂糖との置き換え、総エネルギー量低下を目的(肥満の予防目的)に開発されたもの」(参考:大塚製薬)なのだそうで。

商品の評価と詳細情報

フォンダンショコラ カロリー&糖質オフ
総合評価
( 4.5 )
名称冷凍ケーキ
内容量180g
カロリー1個あたり252kcal(たんぱく質 8.4g、脂質 12.1g、炭水化物 40.8g(糖質 14.4g、食物繊維 26.4g)、食塩相当量 0〜0.4g)
原産国ベルギー
輸入者神戸物産
保存方法−18℃以下で保存
原材料卵、チョコレート、フラクトオリゴ糖、小麦粉、ポリデキストロース、小麦たんぱく、植物油脂、イソマルト、ココアパウダー、マルトデキストリン、低脂肪ココアパウダー、イヌリン/乳化剤、甘味料(スクラロース)、(一部に卵・小麦を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次