業務スーパー「激安ウインナー」10商品を食べ比べ! 気になる味や食べ方をチェック

⑧『粗挽きロングウインナー』(1キロ・745円)

  • 粗挽き度 ★★★☆☆
  • ジューシー度 ★★★☆☆
  • スパイシー度 ★★★☆☆
  • おすすめ度 ★★★★☆

IMG_2129

スタッフB

ここからは冷凍の1キロ級。中国原産の豚粗挽き肉を使用したロングウインナーです。皮のパリパリ感がかなり良くなって……コンビニのホットスナックのフランクとかホットドッグと同じぐらいの満足感! コンビニレベルの味で20本も入ってこの価格なら十分買いだと思います。

IMG_2224

スタッフA

表面の弾力はずいぶん良いけど、お肉自体の食感はまだ物足りないかな? 味付けはやや甘めで、何かしらスパイスが立った他の製品に比べればごまかしのない自然な味付けかと。シャウエッセンにはあと一歩、という感じですが、クセがないから色んな料理に使いやすいと思います!

IMG_2225

⑨『粗挽き串フランク』(990g・745円)

  • 粗挽き度 ★★★☆☆
  • ジューシー度 ★★★★☆
  • スパイシー度 ★★★☆☆
  • おすすめ度 ★★★★☆

IMG_2127

スタッフB

こちらも中国原産の輸入品で、串付きのビッグなフランクが11本入って約1キロ。バーベキュー用途には間違いなくオススメできそうですね~。ちょっとスパイスが効いてますが、ロングウインナーと似た素直な味付けかも。ジューシー度が上がったからか、コンビニのホットスナックより美味しい気がします!

IMG_2232

スタッフA

ウインナーをキロ単位で食べ続けてよく分からなくなってきたけど、ザ・フランクフルトって感じの安心できる美味しさだと思いますっ……!

IMG_2233

⑩『こだわり生フランクハーブ入り』(1キロ・698円)

  • 粗挽き度 ★★★★★
  • ジューシー度 ★★★★★
  • スパイシー度 ★★★☆☆
  • おすすめ度 ★★★★★

IMG_2123

スタッフB

mitokでは以前にも何度かご紹介した超豪快な極太生フランクです。全体的に肉々しい食感が物足りないラインナップでしたが、これは断トツのパリッと粗挽き食感……! 肉汁がブシャッと飛び出るインパクトの一方で、ハーブと鶏肉の風味はアッサリ効いていて上品なんですよね。

IMG_2187

スタッフA

脂っこいのが苦手な人は微妙かもしれないけど、肉々しさは飛び抜けてスゴい! 普通のスーパーとかビアバーのメニューだったらかなりいい値段がするハズのクオリティです。ポトフなどの煮込み料理のメインを張るにも十二分。えっと、もうこれだけでもいいんじゃないかな……(白目)。

IMG_2188

結論:食感・味とも値段なり? 『チョリソー』が普段使いに無難かも

IMG_2122

スタッフB

値段に比べて味は意外と……!ってな感じの掘り出し物は特に見当たらず、全体的に美味しさと値段が比例するようなラインナップ。高いうえに味がしない2番『赤ウインナー』以外には「ヤバイ!」という品も無いので、業務スーパーのウインナーはだいたいどれを買っても値段なり。目についたものを買ってOK、だけど特に感動もない、という結論でしょうか。

スタッフA

おいしさだけでみるなら、冷蔵品より冷凍品が頭何個か抜けていて、食べる楽しさも十分あります。このラインナップじゃ高めだけど、普通に考えれば1kg700円台は爆安だしね。肉好きなら10番の『こだわり生フランク』安定ですが、朝食とか普段の軽い料理(炒め物とかスープ)に使う普通のウインナーで味・使い勝手・コスパともにバランスよく優秀なのは4番の『チョリソーウインナー』、次点で3番『鶏屋さんのハーブウインナー』でしょうか。編集部では「3kg超えたあたりから練り物っぽさがすごく気になる……」と泣き声混じりで食べ切りましたが、普通3人で3キロ食べないですからね。工夫次第で食卓を充実させまくってくれるのは間違い無いので、500g級商品から試しに買い求めてみてはいかがでしょう!