コストコの野菜が主役の太巻き36貫『寿司サラダ巻き』はサーモンの旨味も効いたホムパ向けフード

コストコの寿司セットのなかでも一番の大物サイズなのが、36個入りの巻き寿司。こちらの『寿司サラダ巻き』も、それはもうド迫力の存在感です。

まぐろ巻、サーモン巻、カリフォルニアロールの3種類が入っており、それぞれにレタスやキャベツ、ニンジン、アボカド、きゅうりなどの野菜がたっぷり詰め込まれています。なかでもサーモンとの相性はバツグンですよ!

 

コストコ|寿司サラダ巻き36個|1580円

おすすめ度 ★★★☆☆

こちらがコストコの寿司コーナーで販売されている『寿司サラダ巻き 36個』の全貌。PBブランド「カークランドシグネチャー」印で、お値段は1,580円(税込)です。

サイズは? ボリュームは?

女子スタッフが両手で支える必要がある巨大サイズ。まぐろサラダ巻14個、サーモンサラダ巻14個、海鮮サラダ巻8個で、合計36個入っています。

原材料は?

使われている原材料は以下の通り。まぐろサラダ巻の項目を見ると「まぐろ加工品」と書かれています。ヅケにしてあったので、そのことでしょう。

【原材料名】まぐろサラダ巻(酢飯(国産米使用)、まぐろ加工品、レタス、その他)、サーモンサラダ巻(酢飯(国産米使用)、サーモン、レタス、その他)、海鮮サラダ巻(酢飯(国産米使用)、カニカマ、海鮮サラダ、アボカド、その他)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘多糖類、pH調整剤、セルロース、酒精、着色料(紅麹、カロチノイド、黄4、黄5、赤3)、香料、乳化剤、酸化防止剤(V.C、V.E)、膨張剤、硫酸Na、トレハロース、リン酸(Na)、香辛料抽出物、漂白剤(亜硫酸塩)、(原材料の一部に小麦、卵、えび、いか、ごま、大豆を含む) ※この製品は乳を使用した設備で製造しています。

サラダの主張が意外に強い! ベストマッチはサーモン!

3種類の巻き寿司を1つづつ並べてみました。左からサーモンサラダ巻、海鮮サラダ巻、まぐろサラダ巻となります。

サーモンサラダ巻

サーモンがたっぷり! 鮮やかな色で目にも楽しいですね。食べてみると、サラダ部分の主張がけっこう大きいです。レタスのほかに、紫キャベツとニンジンの千切りが入っており、シャキシャキした歯ごたえが満点。本当にサラダを食べている気分になります。ソースとしてはマヨネーズが使われていますが、これはサーモンとの相性もバッチリ。また、天かすが入ることでコクが増しており、今回の中では一番バランスよく、おいしく感じました。

まぐろサラダ巻

まぐろはヅケになっていて、食べてみると口の中でとろけるのがグッド。ただ、野菜の主張が大きく、まぐろの存在感はやや弱めでした。食べる箇所によっては完全にマヨネーズ味になってしまうことも……。ここはちょっとマイナスポイントかも。野菜はサーモン巻と同様、レタスと紫キャベツ、ニンジンです。天かすも入っています。

サーモンサラダ巻

3種類のうち、これのみ裏巻きです。カニカマ、アボカド、きゅうりという組み合わせなので、いわゆる「カリフォルニアロール」と言えるでしょう。外側のトッピングはとびこ。一般的にはごまを使うことが多いようですが、このほうがオレンジ色で華やかですね。また、タコが入っていて、食感に変化をつけてあるのもオリジナル要素かも。ちなみに、カニカマはしっかりした歯ごたえのあるタイプで、カニフレーバーも強め。アボカドがとろけて、酢飯と混じり合うのが大変グッドな味わいです!