コストコ『セタフィル モイスチャライジングローション』のおすすめ度は? 気になるサイズや使い方をチェック!

コストコでは、バス用品・コスメ系もお買い得商品が多数存在しています。たとえば保湿乳液で特に人気なのが『セタフィル モイスチャライジングローション』です。

乾燥・敏感肌でも使えるフェイス&ボディ用の乳液で、591ml入りのボトルが2本セットでお値段はなんと2,000円以下! マツキヨなどのドラッグストアでも取り扱いはある商品なのですが、そちらは1本で2,000円以上することも……。コストコで買うと、コスパが圧倒的に高いんです!

セタフィル モイスチャライジングローション|1,998円

こちらがコストコのバス・コスメコーナーで売られている『セタフィル モイスチャライジングローション』のボトル2本組。2本まとめてビニールでパッケージされており、お値段は1,998円(税込)。1本あたりは999円となります。原産国はカナダです。

ボトルの裏側の説明を確認しておきましょう。「コクのある乳液状のテクスチャーで、乾燥が気になる肌や敏感肌をやさしく包み込み、ベタつかずしっとりやわらかな状態に整える保湿乳液」で、「低刺激性・無香料」となっています。

ベタつかず、しっとり保湿が続く。全身に使えてコスパも優秀!

mitokの女子スタッフに、実際に肌に塗ってみてもらいました。ポンプを下までしっかりプッシュすると、1回で出る量はこれくらい。

塗り広げてみます。女子スタッフが普段使っている乳液に比べると、ちょっと固めとの意見。ただし、ベタつきはあまりないので扱いやすいとのこと。

固めということもあり、しっかり塗り伸ばさないと白く残りやすい印象。1プッシュ分で、両腕をまるごとカバーできてしまいそうですね。半プッシュぐらいで小出しにしつつ、塗り伸ばしていくのがよさそうです。

乳液を塗り伸ばして肌になじませると、白残りもなくなりました。それでも肌の表面にはしっとり感が残っており、保湿力を期待できそうです。

ちなみに、無香料とのことでしたが、塗った部分に鼻を近づけてみたところ、かすかにベビーパウダーのような香りがありました。本当にかすかですし、嫌なにおいではないのですが、気になる人はいるかもしれません。

*    *    *

『セタフィル モイスチャライジングローション』は1本で591mlと大量にあってコスパは最強。肌に合うようなら値段を気にせず、ガンガン使っていくのがよいでしょう。お風呂を出たあとに全身保湿をするといった使用方法にはうってつけですよ!

商品情報

■内容量|591ml ■成分|水、グリセリン、水添ポリイソプテン、セテアリルアルコール、アボカド油、セテアレス-20、ジメチコン、酢酸トコフェロール、レブリン酸Na、カプリリルグリコール、ベンジルアルコール、パンテノール、アニス酸Na、ステアロキシトリメチルシラン、クエン酸、ステアリルアルコール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー ■原産国|カナダ ■製造販売元|ガルデルマ

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。