コストコの気になる「メッシュチェアー」を試してみた結果

コストコで気になっていた『metrex II メッシュチェアー』。アーロンチェアの超簡素版っぽい雰囲気があって 12,800円。オフィスチェアとしてもずいぶんとお安い。買っても大丈夫なのかな。気になるなぁ。コストコを訪れるたびに座ってみたり、寸法を確認してみたりして、結局、買わない……という躊躇いを繰り返していたんですが、とある日、クルマに積み込んで帰路につく自分がいました。

2カ月ほど使用したレポートをお届けします m(_ _)m

 

metrex II メッシュチェアー|12,800円

コストコでゲットした『metrex II メッシュチェアー』。Bayside Furnishing という家庭向け家具ブランド(米Whalen Furniture Manufacturing が展開する事業だそう)のメッシュチェア。お値段は12,800円(税込)。この手のチェアにしては安いので(さすがコストコ)、買おうかどうか迷っていたのですが、とりあえず試してみるかってことでゲット(梱包サイズは65cm × 69cm × 33cm くらい)。

付属の部品、工具を使って組み立てるタイプです。とくに難しい点はないですけど、けっこう重いので、できれば二人で作業したいところ(mitok編集スタッフは孤独に組み立て)。

商品情報

  • 寸法|幅676mm × 奥行692mm × 高さ997-1089mm
  • 座高|490mm – 585mm
  • 構造部材
    • 背部・座部|ポリプロピレン、ナイロン
    • 肘部|ウレタン
    • 脚部|金属(ステンレス)
  • 張り材|ポリエステル
  • クッション材|ウレタンフォーム
  • 耐荷重|136kg
  • 製造国|中国
  • 全体梱包重量|約20kg
  • 組み立て仕様書(PDF)

以下、mitok編集スタッフが自宅で2ヵ月ほど使用してみてのインプレッションをまとめてみました。

メッシュの通気性と頑丈に感じる作りがポイント

メッシュタイプで通気性は安心

社内で組み立てていたら、「(ハーマンミラーの)アーロンチェア買ったの?」と勘違いされた『metrex II メッシュチェアー』の完成形です(作ってから自宅に搬送)。まぁ、一瞬そう見えなくもないし、アーロンチェアが買えないから、それ以外の選択肢として本品を選んだのだし……。で、全体的な印象は「頑丈だな」。アームレスト以外はチープさは感じないですね。

沈み込み過ぎないから座りやすい

座部と背部がメッシュ仕様なので、当然ながら通気性は問題なし。メッシュの張りは強く、着座時の沈み込みはわずか(体重60kg男子)。臀部に “硬い何か” が当たっているような感覚が弱いので、座り疲れや痛みは軽減される感じ(比較対象は従来使っていた、ありふれたオフィスチェアーなんですが)。座高はガス圧で49〜58.5cmの間で調節可能。座部の裏面は厚めのプレートで覆われているというか支えられており、安心感がありますね。

背もたれはあまり倒れない

背もたれはわずかしか倒れない硬めの仕様。座面の裏にあるアジャスターでやや緩めに調節できるものの、倒れ気味に伸びをできるような角度にはならないんですよね。そんなに傾かなくていいんですけど? って人には何の問題もないポイントではあります。

アームレストは基本が高め

アームレストは高さを調節できますが、基本が高いという印象。そこはやっぱりアメリカン? ほとんど基本位置で使っています。ゲームプレイ中は両肘をのせてコントローラを握る感じ。

アームレストはこのように上げることも。座面がわりと広いので、椅子の上であぐらをかいたりするときなんかに上げています。

足が載せられる

5脚のベース上はすべり止めらしき溝がありまして、写真のように足をのせられます。これがわりと快適だったりするんですよね。身長的にたまたま快適なだけかもしれませんが。キャスターの滑りは普通。

*    *    *

『metrex II メッシュチェアー』は使い続けようと考えて買ったものなので、それなりに不満があっても当面は我慢するつもりでいましたが、2カ月が経過して、いまのところは良い買い物をしたのでは? というのが素直な感想。かなり重量がある点も慣れたし。

オフィス用チェアや自宅用チェアを予算2万円以下でお探しの方、コストコの(アーロンチェア風に見えたりする)メッシュチェアも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。お試しすることもできたりするので(すべての倉庫店でできるかは不明)、ぜひ座り心地をチェックしてみてください。