コストコ『牧家 ほうじ茶ラテプリン』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック

コストコで販売されている牧家の『ほうじ茶ラテプリン』をご存知でしょうか。

牧家の風船に入った『白いプリン』シリーズの1つで、コストコ限定のレア物。チョコプリンのようなコクのある味わいのあとに、こうばしい香りが立って後味さわやか! 数量限定の商品なので、もし見かけたらいまのうちに一度お試しくださいませ~。

牧家|ほうじ茶ラテプリン|978円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコの乳製品コーナー(チーズなどの並び)で販売されている牧家の『ほうじ茶ラテプリン』。1パックに6個入って、お値段は978円(税込)。1個あたり163円という計算になります。

牧家といえば北海道の新鮮牛乳を使った『白いプリン』が人気ですが、それ以外にコストコ専売の商品がときおり登場しております。本品はまさにそれでして、他ではゲットできないレア物というわけ。

食品用天然ゴムの袋に入れて作られた本品。開封方法は『白いプリン』と同様で、片手で爪楊枝でプスッと刺すと、ゴム風船が裂けて中身が出てきます。ただ、『白いプリン』の個性的なもっちり感に比べると、本品は柔らかめな仕上がり。勢いのついた爪楊枝がプリン本体を裂きがちです。ま、それによってソースが絡みやすくなるのでアリでしょう。

さて、肝心の『ほうじ茶ラテプリン』ですが、食べてみると、意外や意外、チョコプリンに似た味わい!? もちろんチョコは入っていないので、色、コクの感じ、舌触りといった要素によって、そのような印象になるんですね。その後にじんわりとこうばしい香りが広がってくることで、間違いなくほうじ茶のプリンという認識になっていきます。後味がさっぱりとしていて、心地よい香りが残るのはいいですね~。

付属のソースは「メロウシロップ」。砂糖と水飴を煮つめたもので、カラメルと違ってほろ苦さなどの風味はありません。ほうじ茶プリンの素材感を邪魔することなく甘み・とろみを追加してくれるので、お好みではありますが、かけてしまったほうがより楽しめるでしょう。

結論としては、『白いプリン』と形は似ているものの中身はけっこう別ものでして、さわやかな食べ心地になっています。これはこれでアリですよ! ただし、もっちり食感を期待して買うと「違う」ってことになりますので、その点だけお気をつけください。

商品情報

  • 正味量|480g(プリン75g×6、ソース5g×6)
  • 消費期限|2週間程度
  • 保存方法|要冷蔵10℃以下
  • 製造者|牧家
  • 原材料|【プリン部】牛乳、クリーム(乳製品)、加糖練乳、ほうじ茶エキス粉末(ほうじ茶、デキストリン)、砂糖、加糖卵黄(卵黄、砂糖)、ゼラチン、寒天加工品(粉あめ、寒天)、香料 【ソース部】砂糖、水飴