コストコの大入り野菜「国産ピーマン 500g」を主婦がチェックしてみた結果

野菜や果物のラインナップも充実しているコストコ。そのなかで目立つのは海外産ですが、実は国産品もけっこう取り扱っています。

たとえばコストコの『ピーマン 500g』は宮崎県産。特大サイズが8個入って298円(税込)です。これって、一般のスーパーで買う場合と比べておトクなのでしょうか?

そこで、mitokではコストコ食材のアレンジレシピでお馴染みの塩野めいこさんに、ガチンコのレビューを依頼。2歳・4歳の男児を育てる主婦の目線から、厳しくチェックしてもらいました!

※本検証は、2018年4月23日に購入した1品についてのものです。個体差、保存状態、購入店、入荷時期などによって、品質は異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。あくまでも判断材料のひとつとして参考にしていただければ幸いです。

コストコ『ピーマン 500g』の商品情報

  • 価格|298円(税込)
  • 量|530g(実測値、8個入り)
  • 単価|100gあたり56.2円
  • 産地|宮崎県
  • メーカー|パッケージに記載なし
  • 購入日|2018年4月23日
  • 消費期限|記載なし

今回購入した1袋には、かなり大きいサイズのピーマンが8個入っていました。長さは平均11.5cmで、重さはそれぞれ60〜80g程度です。

鮮度は?

ピーマンは「皮が厚く表面がピンと張って硬いもの」が鮮度がよいと言われています。が、今回購入したもののなかには、表面に多少シワが寄っているものも見受けられました。ゆえに、鮮度としては万全とはいいがたい感じですね。

よく育っているものはヘタの形が六角形になると言われますが、確認してみたところ、4個ありました。残りの4個は五角形でした。

味は?

まず、ピーマンのあの独特の香りは少なめでした。そして味はと言えば、全体的に甘みが感じられ、苦みは少なめ。これは食べやすくておいしいですよ! ちなみに、ヘタの形による差(六角形のほうが味がいいと言われる)は、ほとんど感じませんでしたね~。

本品は「ピーマン特有のエグみ」的な部分が控えめなので、苦手な人でも食べやすいのではないでしょうか。

コスパは?

上記写真の左がコストコで購入したもの。右は青果店で購入したものです。大きさは倍以上違いますね。その値段はと言えば、青果店では約150g入りが3袋(合計450g)で103円(税込)でした。100gあたりでみると22.9円と、驚異的な安価。

また、格安スーパーでは725g入りの大袋が328円(税込)で売られていました。こちらは100gあたり45円程度という計算になります。

対するコストコは、100gあたり56.2円。コスパだけで考えると、残念ながら優位性はありませんね~。ただ、大きいサイズのピーマンを探しているなら「コストコに行けばある」と言うことはできます。

『ピーマン 500g』のおすすめ度は?

おすすめ度 ★★★★☆

  • クセが強くなく食べやすいピーマン
  • 炒めものにおすすめ

表面にちょっとシワが寄っているのが気になるのと、コスパ的にベストではない可能性がありますが、ものは悪くありません。甘みがあって苦みが少なめの、食べやすいピーマンです。かなり大きなサイズなので、千切りにして食感を楽しむ料理が合うでしょう。

簡単に楽しめる料理としては、「無限ピーマン」はいかがでしょうか。縦に千切りにして、調味料とともにレンチンし、ツナと和えるだけで、いくらでも食べられちゃいますよ。また、肉と一緒に炒めて青椒肉絲のソースに絡めてもいいでしょう。

ピーマンは切り方で風味・食感が変わる

なお、ピーマンは繊維が縦方向に走っていまして、切り方によって食感や風味が変わります。

  • 縦切り…風味控えめ。シャキシャキ食感を楽しめる
  • 横切り…風味が強くなる。食感は柔らかくなる

というわけで、香りや苦みを楽しみたいサラダなどでは横に、食感を楽しみたい炒めものなどでは縦に切るようにするといいですよ!