コストコ『コーンブレッドローフ』のおすすめ度は? 気になる量や食べ方をチェック

コストコで販売されている『コーンブレッドローフ』をご存じでしょうか。

コストコおなじみ「ホテルブレッド」と同じく、アルミ容器入りのシルエットがおいしそうな食パンです。とうもろこしの甘みがほんのり効いた、味わいも食感も素朴な作り。パン食の方、朝食にどうぞ〜。

コストコ|コーンブレッドローフ|599円

おすすめ度 ★★★★☆

コストコのPB「カークランドシグネチャー」の商品『コーンブレッドローフ(CORN BREAD LOAF)』。公称量は 2.5斤入りで599円(税込)。重さを測ってみると約860g。でかい。コストコ定番パン「ホテルブレッド」と同様、アルミ容器入りでして、おいしそうなこんもりシルエットが特徴的な食パンですね。

容器から取り出すとこんな感じ。パンの香ばしさがふわわーんと一気に広がります。脂分のベトつきがそこそこあるのでちょっとご注意を。

コーンの甘みのあるしっとりやわらか食パン

けっこう黄色いというか黄ばんだ感じ。とうもろこしを想起させる色合い。着色料として使われているカロチン色素によるものですかね。

パンの食感は「ホテルブレッド」と同様、生地の密度は粗めで、けっこうやわらかい部類。しっとり感は強め。ある程度の厚みがないとカットしにくいかも(ブレッドナイフは必須)。

どこか素朴な味わいの食パンです。弾力が弱く、やわらかでちぎれやすい食感は、ナチュラルさを感じさせます。わざとらしい甘みがあるわけじゃないし、ことさらとうもろこしの風味を際立たせているわけでもなし。所々、とうもろこしの粒がある部分はその甘めの風味を強く味わえて、なんとなくラッキー感あり。

ただ、そのあたりは好みを分けそう。日ごろ、コンビニやスーパーで売られている有名メーカーの食パンに慣れている人は、食感などに物足りなさを感じるかもしれませんね。

つまるところ、“とうもろこしの甘みがほんのり” とした地味な食パンでして、けっこうナチュラルな作りが贅沢感を抱かせる食材。こだわり派のパン好きなら、『コーンブレッドローフ』はお試ししてみるとよいかと思います。

食べきれない分は冷凍保存で

『コーンブレッドローフ』の消費期限は加工日を含めて4日間。期限内に食べきれなさそうだったら、すぐに冷凍保存しておきましょう。おすすめは、一食分ずつカットし、アルミホイルで包んでフリーザーバッグに入れる方式。それが面倒だったら、せめてフードラップで包んでおきましょう。食べる際は、凍ったままオーブントースターに入れたほうが、ふやけすぎずによいかと思います(このあたりはお好みの方法でどうぞ)。

商品情報

  • 内容量|860gほど(編集部計測)
  • 製造者|コストコ ホールセール ジャパン
  • 原材料|小麦粉、とうもろこし、発酵バター入りマーガリン、卵、砂糖、脱脂粉乳、食塩、イースト、香料、V.C.、カロチン色素

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。