コストコ『カチャトーラ』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

コストコで販売されている『カチャトーラ』はご存知でしょうか。

ロティサリーチキンレッグ4本をハーブとトマトソースで煮込んでいただくイタリア料理。ピーマンやオリーブなど風味のある具材がうまみを深めてくれます。夕食のメインディッシュになるのはもちろん、余ったらパスタやピザトーストの具材として活用できますよ!

コストコ|カチャトーラ|1,680円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている『カチャトーラ』。内容量1.2kgで、お値段は1,680円(税込)です。

「カチャトーラ」は「猟師風」という意味のイタリア料理で、お肉をトマトやハーブなどで煮込んだもの。本品の場合はロティサリーチキンのレッグが4本入っています。

ちなみに、ロティサリーチキンを使った総菜半製品としては、以前『チリンドロン』がありました。あちらはスペイン料理で、具材も異なっているんですね。

『カチャトーラ』には、ローズマリーやピーマン、オリーブなど風味の強い具材が入っています。そして、トマトソースがわりに「パスタソース」が使われています。

本品は総菜半製品なので、ご家庭で仕上げを行う必要があります。といっても、調理は簡単。フライパンに水を100ml注いで、野菜、チキン、ソースの順に入れていきます。あとは、フタをして10~15分ほど加熱。全体が温まれば出来上がり。

ピーマン、オリーブなどの風味でおいしさが深まる

ローズマリーのよい香りが漂い、ピーマンや玉ねぎが煮込まれてくったり。チキンレッグをほぐして骨を外し、他の具材と一緒にいただきます。

ロティサリーチキンなので余計な脂が落ちており、パサッとした軽い口当たりで、食感は柔らかです。味付けはかなり淡白ですが、風味にクセはなく、噛めば鶏のうまみを感じられます。

そこにソースが絡まることで、ジューシーさがアップ。ピーマンのかすかなほろ苦さ、玉ねぎの甘さ、オリーブの独特の風味などが味に深みを与えてくれますね。ほぐした鶏肉を、ソースや野菜などとしっかり混ぜあわせるのがおすすめの食べ方。

夕食のメインディッシュとして、チキンレッグ1本=1人分は、十分満足感のある量です。白飯にのせてもイケますよ。

もし余ってしまった場合は、チキンレッグの身をすべてほぐして具材とよく混ぜ、タッパーなどに詰めて冷蔵庫や冷凍庫で保存するといいでしょう。これをパスタに絡めるだけでも、立派な1食になります!

ピザトーストもお手軽でおいしい! 食パンの上にほぐしたカチャトーラをのせ、シュレッドチーズをたっぷりふりかけて、オーブントースターで焼くだけ。お好みでタバスコをふりかけてもいいでしょう。

商品情報

  • 内容量|1,210g
  • 消費期限|加工日の2日後
  • 製造者|コストコホールセールジャパン
  • 原材料|ロティサリーチキン、パスタソース、玉ねぎ、ピーマン、オリーブ塩漬け、ローズマリー、増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、リン酸塩(Na)、グリシン、酢酸Na、調味料(アミノ酸等)、グリセリンエステル、塩化Ca、グルコン酸鉄、香料、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、乳成分、牛肉、大豆を含む)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。