コストコのご馳走レトルト肉『ハンバーガーステーキ』はデミグラスソースが強い

コストコで販売されている伊藤ハム『ハンバーガーステーキ デミグラスソース』はご存知でしょうか。

温めるだけで食べられるレトルト商品ながら、ごちそう感がハンパありません。立体感のあるハンバーグはふっくらした柔らかさで、牛肉と豚肉をあわせた軽めで上品な味わいです。そこに濃厚なデミグラスソースをたっぷりかけていただくのがたまらない! 余ったソースをご飯やパンにつけて食べるのが、またおいしいんです。お手軽ながら満足度の高い一品ですよ~。

伊藤ハム|ハンバーガーステーキ デミグラスソース|1,048円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがコストコの冷蔵食品コーナーで販売されている伊藤ハム『ハンバーガーステーキ デミグラスソース』。湯煎していただくレトルト品が3個入って、お値段は1,048円(税込)です。1個あたり349円ほどと、けっこうごちそう感のあるプライス(セールを狙えばちょっとお得に買えます)。セブン-イレブンの『金の直火焼ハンバーグ』(1つで税込386円)的な感じですね~。

パッケージ写真にもあるように、本品のハンバーグはかなり厚みのある球状。そのハンバーグを押しつぶすことのないよう、パック自体も立体的に作られています。

調理方法は加熱するだけ…ではありますが、パッケージ裏にはおいしい食べ方として、鍋での「水からの加熱」が推奨されています。水を張った鍋にハンバーグの袋を入れて火にかけ、湯が沸騰したら火を弱めて7~10分温めるというもの。いかにもハンバーグを丁重に扱っている感じで、仕上がりに期待が高まります。

ちなみに、ソースが焦げる可能性があるため、電子レンジでの調理は非推奨となっています。

温めたハンバーグのみを取り出してみました。かなり丸い形で、表面は細引き肉を使っていてキメがこまやか。この立体感、ご家庭で作るのは、火の通りなどを考えると難しそうです。ちなみに、袋にはまだデミグラスソースがたっぷり残っていますよ。

デミグラスソースをかけるとこうなります。ハンバーグだけでなく、お皿の半分以上がソースに浸ってしまいました。これはゴージャス!

ハンバーグは、ナイフやフォークを刺してもまだ型くずれせず、キープ感がすごい。それでいて、歯ごたえはどこまでも柔らかで、ジューシーさもあります。牛と豚を合わせ、さらにつなぎ使っているためか、肉々しさがそれほどなく、軽やかで食べやすいですね。とはいえ、香辛料でごまかすような安っぽさははありません。上品で、わざとらしさのない味わいです。セブンの『金の直火焼ハンバーグ』は肉々しさが全面に出ていましたが、それに比べるとおとなしめで、それゆえに万人向けと言えそう。

いっぽう、デミグラスソースのほうはと言えば、これがとっても濃厚! ハンバーグ自体の味はおとなしめですが、それをおぎなうというか、強力にブーストしてくれます。このソース、ハンバーグを食べ終わってもまだたっぷり残っているので、付け合わせの野菜やパン、ご飯などにつけていただくと、これまたおいしいですよ! ただし、味が濃い分、食後にちょっとのどが渇くのでご注意を。

というわけで、『ハンバーガーステーキ デミグラスソース』は、ごちそう感があって満足度の高い一品。夕食のメインディッシュにうってつけですよ!

商品情報

  • 品番|0575456
  • 内容量|720g(240g(固形量155g)×3個
  • カロリー|100gあたり154kcal(炭水化物 8.6g)、1個あたり369.6kcal
  • 製造者|伊藤ハムデイリー
  • 保存方法|10℃以下で保存してください
  • 原材料|食肉等(牛肉、豚肉、牛脂肪)、たまねぎ、つなぎ(パン粉、卵白、でん粉、粉末状植物性たん白)、食塩、砂糖、香辛料、チキンエキス、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香辛料抽出物、香料
    ソース(デミグラスソース、たまねぎ、ビーフエキス、ポークエキス、トマトピューレー、ルー、バター、水あめ、牛脂肪、ワイン、砂糖、オニオンエキス、フォンドボー、香辛料、チキンエキス、食塩、酵母エキス、着色料(カラメル、カロチン)、増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香辛料抽出物、香料、pH調整剤、酸味料、グリシン)、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、大豆、ゼラチンを含む)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。